2021年2月14日、ニュージーランドのアーダーン首相は記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染者3人が出現したことを理由に、オークランドで15日から3日間にわたるロックダウンを実施すると発表しました。しかし、市民生活が厳しく規制される一方、ニュージーランドの不動産マーケットはまれに見る活況で、慢性的な「売物件不足」が続いています。オークランド在住で不動産会社を経営する筆者が、現地でしか掴めない不動産事情をレポートします。

繰り返されるロックダウンで、街は閑散とするも…

ニュージーランドではコロナ禍が終息したかと錯覚するほどの平和な新年を迎え、国民はサマーホリデーを満喫しました。ところが2月に入り、オークランド南部で感染者3名が出現。のんびりムードだった国内に衝撃が走りました。

 

14日にはアーダーン首相が記者会見を行い、オークランドで15日から3日間にわたるロックダウンの実施を発表。突然のことで、われわれも仕事の段取り等、いくつもの変更を強いられました。もちろん、日常生活についての対応にも追われることになり、食品をはじめとする生活必需品をそろえるために右往左往したものです。

 

とはいえ、その際は3日間で解除されたため、街はすぐ普段の様子を取り戻しました。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

しかし、ほっとしたのもつかの間、経路不明の感染者が1人出現し、複数の店舗をまたいだ市街の移動が確認されたため、またしても7日間のロックダウンに突入しました。

 

これにより、オークランドは警戒レベル3、その他の都市は警戒レベル2となりました。オークランドとワイカトの境界では、警察が出動して市民の行き来をストップするなど、あたかも国境警備のような重々しい状態でした。筆者はその時期、ワイカト地方への複数回の出張の予定があったため、「もし出張先でロックダウンに遭遇していたら…」とぞっとしました。

 

多くの人がロックダウンの長期化を懸念していましたが、幸いなことに、新たな感染者は出現せず、それにより予定通りのスケジュールで警戒レベル3は解除され、オークランドは警戒レベル2に、その他は警戒レベル1へと引き下げられました。ほぼ正常な生活ができるようになったのです。

 

そうはいっても、このロックダウン中は飲食店、商店街はほぼ閉店。街は閑散としており、7日間とはいえ、昨年の緊急事態が思い起こされるようでした。

 

ところがです。商店の閑散とした様子とは打って変わり、不動産業界は問い合わせの電話が鳴り止まないほどの大盛況です。夜中になってもメール着信が続きます。リモートワークする人が増え、自宅の滞在時間が長くなったからでしょう。投資物件やマイホームを探す人々がネットを検索し、セールスマンに次々と問い合わせをしているのです。

 

警戒レベル3のときには、物件の内覧は1日2組まででした。そのため、通常の一般公開としてまとめての内覧ができず、日を分けて案内する必要があったのです。そのため、逆に通常よりも忙しく、ほぼ毎日オープンホームという状態になっていました。

 

訪問者が帰ったあとは、消毒作業もしなければなりません。うれしい悲鳴が上がる一方、体力的には大変でした。しかし、「Withコロナ」となってもう1年以上です。リモートワークにも慣れ、オークションですらZoomでの開催が当たり前になりました。このような状況下でも着実に成果は上がっており、不動産は売れに売れている、というのがオークランドの実情です。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ金利が2%台に突入、注目を集める物件は…

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ