「バスよりタクシーに乗ったほうが得かも…」という経済センス

経済学では、別の選択肢を選んでいたら得られたであろう利益を「機会費用」と呼び、常に念頭に置くことが重要だと考えます。街頭で募金を募るより、同じ時間アルバイトしたお金を寄付したほうが、若手営業マンにもタクシーを使わせたほうが、全体から見た利益は大きいかもしれません。本記事では「機会費用」について、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

学園祭で焼き鳥を売り「3万円の儲け」が出ても…

あるサークルが学園祭で焼き鳥を売って3万円儲け、サークルの活動費に使ったとしましょう。学生たちは「3万円も儲かってうれしい」と考えるかもしれませんが、筆者は「学園祭に参加せず、サークルメンバー全員が焼き鳥屋でアルバイトしたら、30万円ぐらい稼げたかもしれない」と考えます。

 

学園祭で赤字が出れば、翌年からは焼き鳥屋の出店をやめて別の選択肢を探すでしょうから、「焼き鳥屋でアルバイトする」ことを思いつくかもしれませんが、少額ながらも黒字が出てしまったために、ほかの選択肢に気づかないわけです。

 

学園祭の焼き鳥屋は、皆でワイワイやることが楽しいという面もありますから、それはそれで構わないと思いますが、ビジネスの世界でも同様のことが多いのは問題です。

都心で農業をするより、土地を貸すほうが儲かるのに…

東京の都心で農業に従事している人がいるとします。農業をやめて土地を貸し出したほうが得なのに、もったいないですね。

 

このように、「いまの選択肢も悪くはないが、さらにいい選択肢があるなら、そちらを選ぶべき」というケースは少なくありません。いまが赤字なら、事業を終了して次の展開を考えるのでしょうが、事業が小幅の黒字だと、「ほかにもっといい選択肢があるかもしれない」ということに思い至らない場合が多いのですね。

 

都心の農業の例は少々極端ですので、「もったいない」と気づく人は多いかもしれませんが、そうした例でない限り、意外と気づかない場合も多いのです。

 

ある社長が社内のエリートを集め、新規事業を立ち上げたとしましょう。新規事業が小幅の利益しか稼がなかったら、社長は、

 

「これだけエリートを集めたのだ、みんなもっと頑張って稼げ!」

 

と、檄を飛ばすことでしょう。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

しかし、仮にその事業を解散してエリートたちを別の仕事に従事させたら、もっと大きな利益を上げてくれるかもしれません。なんといっても仕事ができる人たちなのですから。もし新規事業が赤字続きなら、社長にも「解散」という選択肢が浮かぶのでしょうが、小幅な黒字を稼いでいるばかりに、そこまで思い至らないのですね。

 

このような場合、「ほかの選択肢を採用したら稼げたであろう金額」のことを「機会費用」といいます。機会費用が実際の利益よりも多い場合には、「いまの仕事を続けるのはもったいない」と考えるべきなのですね。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧