妹を見捨てた妹家族に「実家の財産」を渡したくない

不幸な事故のせいで意識が戻らない妹、そんな妹を見捨てようとする妹の家族。幸い、姉妹には資産家の父親がいますが、妹を守るために父親の財産を多く相続させれば、ゆくゆくは冷酷な妹家族に実家の財産がわたることになり、妹思いの姉はジレンマに陥ります。解決方法はあるのでしょうか? 不動産・相続問題に強い山村法律事務所の代表弁護士、山村暢彦氏が解説します。

【無料】メルマガ登録はコチラ

仲のいい妹が、出先で事故に遭い…

横浜在住の専業主婦・彩子さんには、美紀さんというとても仲のいい妹がいます。2人は会社経営者の父親と専業主婦の母親のもと、裕福な家庭環境で育ちました。姉妹は大学を卒業後、数年間の会社勤めを経てそれぞれ結婚しました。

 

 

彩子さんは子どもに恵まれなかったのですが、美紀さんは3人の子どもに恵まれました。とはいえ、いずれの家庭も円満で、お互いによく行き来していました。

 

*  *  *  *  *

 

ある日の夜、いつも通り自宅で過ごしていた彩子さんのもとに、妹の夫・正則さんから突然電話が入りました。

 

「お姉さん、大変です! 美紀が交通事故に遭って、いま、集中治療室にいます」

 

「えっ!?」

 

電話口で慌てふためく正則さんに落ち着くように促しつつ話を聞くと、美紀さんは友人に会うために出かけた隣県で、帰り際、交通事故に遭ったというのです。

 

「容体は?」

 

「ついさっき、緊急手術が終わったところです。状況はまだわかりませんが、かなり深刻です」

 

「そんな…」

 

美紀さんは隣県の総合病院に3週間入院したあと、容体が落ち着いたため、自宅近くの横浜の病院に搬送されました。しかし、家族や親族の期待はむなしく、美紀さんの意識が戻ることは絶望的でした。頭を強打し、脳に損傷を受けたのです。

 

彩子さんは足しげく病院に通い、目を覚まさない妹を見舞いました。高齢の父親は介護認定を受けて有料ホームに入所しており、数年前に母親を亡くしてからめっきり弱ってしまっています。彩子さんはそんな父親に妹の状況を伝えられず、詳しい話ができないままでした。

 

事故から半年近くたつと、美紀さんの夫と子どもたちは次第に病院から足が遠のくようになりました。仕事も忙しいだろうし、子どもたちも勉強があるだろうから…と、できるだけ気にしないようにしていた彩子さんですが、ある日、美紀さんの夫から、折り入って話があるとの連絡がありました。

 

 

「僕はこれ以上、妻を支えられません…」
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

山村法律事務所

 代表弁護士

専門は不動産法務、相続分野。実家の不動産トラブルをきっかけに弁護士を志し、現在も不動産法務に注力する。日々業務に励む中で「法律トラブルは、悪くなっても気づかない」という想いが強くなり、昨今では、FMラジオ出演、セミナー講師等にも力を入れ、不動産トラブルを減らすため、情報発信も積極的に行っている。

クライアントからは「相談しやすい」「いい意味で、弁護士らしくない」とのコメントが多い。不動産・相続のトラブルについて、自分ごとのように解決策を提案できることが何よりの喜び。

さらに不動産・相続法務に特化した業務に注力するため、2020年4月1日、不動産・相続専門事務所として山村法律事務所を開設。

山村法律事務所
神奈川県横浜市中区本町3丁目24-2 ニュー本町ビル5階C号室
電話番号 045-211-4275
ウェブサイト:https://fudousan-lawyer.jp/

著者紹介

連載相続と不動産に強い弁護士が解説!損しない相続・遺産分割の「奥の手」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧