弁護士への「離婚相談」…ベストなタイミングはいつなのか?

「離婚」をすると決意しても、財産分与や親権でトラブルになるケースは少なくありません。今回は、世田谷用賀法律事務所の代表者、弁護士の水谷江利氏が、「弁護士に相談するタイミング」について解説していきます。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

どういう人が離婚弁護士のもとへ訪れるべきなのか

世のなかの離婚の約9割は夫婦間の話し合いだけ(協議離婚)で成立しています(厚生労働省統計)。その当事者同士の話し合いでは解決できなかった際に、調停離婚、裁判離婚……と段階を経るわけですが、ではどの段階から弁護士に相談するのが良いのでしょうか? 

 

調停、裁判になった段階で弁護士に相談すればいいのでしょうか?

 

答えはNOです。協議離婚の場合であっても「とにかく離婚したいから」と離婚を急ぐあまり、お金や子どもについて、きちんと取り決めをせずに離婚届を出すのは危険です。離婚するからには、今より新しい人生を幸せになりたいですよね。後々、後悔しないためにも、まずは一度、弁護士に相談をしてみるのが得策です。

 

調停、裁判になってからでは遅すぎることも…(画像はイメージです/PIXTA)
調停、裁判になってからでは遅すぎることも…(画像はイメージです/PIXTA)

「これって離婚できるの?」と悩んだときは…

「これって離婚できるのでしょうか?」

 

と悩んだ際に、まずは弁護士に相談するという方は少なくありません。もし、夫婦の両人が離婚することについて合意しているならば、法律上離婚できるか、できないかはあまり問題にならないのです。しかし、ご夫婦のどちらかが離婚を求めていない、もしくは、離婚の条件が折り合わない場合は、法律上の離婚事由が問題になってきます。

 

夫婦間の対立がさほど大きくないときは、あまり相手を追い詰めずに、きちんと条件を取り決めて、早期の円満解決を目指すことができるでしょう。

 

一方、離婚するかしないかで対立しているときは、証拠をきちんと集め、離婚をめぐる争いに備えておく必要があります。そのため、備えに対するプロのアドバイスがもらえると心強いです。

離婚相談の際の話の進め方・ポイントは3つ

離婚相談に訪れる際、何から話して良いか……と悩む方が多いのですが、以下の3つのポイントをまとめておくと、要点が抑えられます。あとは、弁護士の方からヒアリングしてくれます。

 

①まずは離婚について相手(あなた)は同意しているのかどうか?

②お子さんについて。親権や面会はどうしたいのか?

③お金について。取り決めはできそうかどうか?

 

相談時に、相談者本人と配偶者の収入がわかる、源泉徴収票や課税(非課税)証明書などを持参すると、お金の点でより具体的なアドバイスを受けることができます。

 

 

水谷 江利

世田谷用賀法律事務所 弁護士

 

 

【3月開催のセミナー】

 

【3/6開催】800万円台~!好調続くアメリカ不動産の穴場「戸建て不動産投資

 

【3/6開催】低リスク高利回り!失敗なし驚異の「東京・好立地×新築一棟投資

 

【3/6開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

【3/7開催】カリスマ医学部予備校講師 講演会「一年で医学部合格するための戦略」

 

【3/7開催】ジャルコの「ソーシャルレンディング」はなぜ「安全・安心」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

世田谷用賀法律事務所 代表 弁護士

東京都立大学卒業後、新卒で大手弁護士事務所に入社、渉外企業法務を志して弁護士に。「もっと人の人生の近くで仕事がしたい」との思いから、2015年世田谷用賀法律事務所を開所。現在は個人の相続、離婚、不動産を中心に、国際離婚や企業顧問なども多く取り扱う。英語対応可能。東京弁護士会所属。東京都世田谷区所在。 https://setayoga.jp/aboutus.html

著者紹介

連載世田谷の家事弁護士が監修!実例では描けない相続&離婚ショートストーリー

本連載は、「世田谷用賀法律事務所」掲載の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧