都道府県ランキング「給与2000万円超の会社員」はどこに?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは「給与所得」。会社員で給与が2000万円以上、富裕層と呼んでもいいエリートはどこにいるのでしょうか。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

給与所得2000万円以上…“富裕層”が多いのは?

世の中には「富裕層」と呼ばれる人たちがいます。色々な基準がいわれていますが、日本でよく基準にされているのが、野村総合研究所による純金融資産保有額による区分。1億~5億円未満を「富裕層」、5億円以上を「超富裕層」とすると、日本には132.7万世帯ものお金持ちがいます。

 

日本には5852万世帯(外国人世帯含む)いるといわれていますから、50世帯に1世帯が富裕層という状況です。50世帯といえば、場所によりますが、近所を見渡せば1世帯は富裕層という水準。意外に身近にいそうな印象です。

 

あくまでも保有する金融資産に注目した区分なので、いわゆる「稼いでいる」という感覚とは、どうしてもズレがあります。「給与」に着目して富裕層を定義する場合もありますが、1000万円以上とか、5000万円以上など、まちまち。そのなかでよく見られるのが「給与所得2000万円以上」という水準です。

 

エリートの中のエリート(※画像はイメージです/PIXTA)
エリートの中のエリート(※画像はイメージです/PIXTA)

 

国税庁が公表している「統計年報」から、所得税納税者を対象に給与所得で2,000万円以上と申告している人を見てみると、 全国に21万4146人。1年を通じて勤務した給与所得者は5,000万人強といわれていますから、給与所得者の0.4%。ぐっと遠い存在に感じるのではないでしょうか。

 

都道府県別に給与所得2000万円以上の分布を見てみると、最も多いのが「東京都」で5万6664人。「神奈川県」1万8093人、「大阪府」1万6974人、「愛知県」1万2713人、「兵庫県」1万1019人と続きます。

 

一方で2000万円プレイヤーが少ないのが「鳥取県」で507人。「島根県」「秋田県」「佐賀県」「福井県」と続きます。

 

また総人口に占める割合で見てみると、やはり東京が多く、人口比0.416%。「神奈川県」「兵庫県」「大阪府」「奈良県」と続きます。一方で最も割合が小さいのが「秋田県」で0.069%。「青森県」「山形県」「岩手県」「富山県」と続きます(図表1)

 

出所:国税庁「統計年報」(平成30年)より作成
[図表1]都道府県別「給与所得2000万円以上」上位10 出所:国税庁「統計年報」(平成30年)より作成

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!