日本のコーヒー業界に根付く「高級豆」にまつわる明らかな誤解

「エスプレッソ=小さなカップで飲む、味の濃いコーヒー」と思っている人は多いでしょう。しかしエスプレッソは、通常のドリップコーヒーとは似て非なるもの。違いを知ると、もっと楽しめるようになります。今回は、日本のコーヒー業界に定着している「アラビカ種=高級」と「ロブスタ種=安物」という認識が必ずしも正しいとは言えない理由について解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「アラビカ種」が必ずしも高級とは言えない

コーヒー豆の栽培種には大きくわけるとアラビカ種とロブスタ種があります。ロブスタ種は正式にはカネフォラ種と呼ばれますが、本記事では馴染みがあるロブスタ種という名前を使っています。この他、リベリカ種を加えて3原種とする場合もあります。

 

コーヒー業界では伝統的に、アラビカ種が高級であり、ロブスタ種は高級ではないという見方が定着しています。アラビカ種が高級とされるのは風味が豊かなのに栽培が難しく、ロブスタ種と比べると実をたくさんつけにくいため。加えて標高1000m以上の高地で栽培されるものが多く、コストが余計にかかるからです。それに対してロブスタ種は標高300〜800mでも元気に育ち、作付けも楽なので低コストで大量に栽培できます。

 

とくに日本には、海外にはない独自の缶コーヒーというコーヒー文化があります。1缶たった100円ほどでコーヒーを飲ませるためには、安価な豆を使う必要があります。そこで白羽の矢が立ったのがロブスタ種。

 

この他、高温多湿の日本ならではのコーヒー文化だったアイスコーヒー(過去形で記したのは、4年ほど前からコールドブリューという名前で欧米でも注目されるようになったからです)、インスタントコーヒー、ブレンドコーヒーの原料豆としてもロブスタ種が用いられています。アイスコーヒーにロブスタ種が用いられるのは、冷やしてもしっかりした味を感じさせるためです。

 

天下のセブンイレブンがコンビニコーヒーに参入する際、わざわざ「アラビカ豆を100%使っている」とアピールしたのは、アラビカ種=高級というイメージを利用したといえるでしょう。

 

ところが、イタリア流のエスプレッソはロブスタ種を15%程度、多い場合には50%もブレンドしています。なぜでしょうか。

 

はじめに急いで誤解を解いておくと、アラビカ種=高級、ロブスタ種=高級ではないという図式は物事をあまりに単純化しすぎています。

 

アラビカ種にも質の低い豆があるように、ロブスタ種にも風味豊かな高級品が存在しているのです。イタリア流が用いるロブスタ種はエスプレッソのための特別なロブスタ種であり缶コーヒーなど安価なコーヒー用のものとははっきり一線を画しており、値段もアラビカ種と同じくらいです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

ダブルトールカフェ 代表

1967年、東京都生まれ。1歳からスキー板をはき、小学生でアメリカ・シアトルにスキー遊学。日本の大学を卒業後、将来を模索するべく懐かしのシアトルへ。現地で建築建材の会社を起業。そこで“本物のエスプレッソ”と運命の出会いを果たす。それを日本に広めるため、帰国後の1995年に「ダブルトールカフェ」を開店。日本に数少ない本格的なエスプレッソ専門チェーンとして東京都内を中心に複数店舗を展開する。エスプレッソマシンのオリジナル開発や自社農園の開発にも果敢に挑む。

著者紹介

連載コーヒー専門家が教える「エスプレッソ」の真実

※本記事は、齊藤正二郎氏の著書『エスプレッソからはじめよう』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

エスプレッソからはじめよう

エスプレッソからはじめよう

齊藤 正二郎

幻冬舎メディアコンサルティング

本物のエスプレッソは工場では決して作れない! エスプレッソの起源、エスプレッソマシンの匠の技、エスプレッソの健康効果など、魅惑の飲み物エスプレッソについてエッセイでお届けします。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧