東大合格者を見てきて思う…子に悪影響を与える「親の共通点」

本記事は、学習塾・灘学習院の学院長である江藤宏氏の著書『東大・京大に合格する子どもの育て方』より、むやみやたらに習い事をさせることの「無意味さ」について解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

子どもを「習い事漬け」にすることは意味がない

◆思考教育は早ければ早いほどいい

 

子どもの教育に関して、二極化が進んでいるように思います。一方の極には、何とかして子どもを東京大学に合格させようと、幼い頃からの教育に力を入れるグループがあります。もう一方の極には、教育の意義そのものを否定する恐ろしい親たちも出始めているようです。どちらも問題だと思います。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

子どもを東京大学に合格させたい一心で、早ければ2歳ぐらいから早期教育を受けさせる親がいます。幼児向けの塾などに通わせるから、幼稚園入園時には早くも漢字を読み書きできたり、掛け算の九九ができたりするようになっている。その後も計算教室に英語教室、リトミックなどに通わせる。勉強だけではよくないからと、体を鍛えるためにスイミング教室やバレエなどまで習わせる。

 

まるで一分一秒でも無駄にしたくないぐらいの勢いで、子どもの時間を習い事やお勉強で埋める。家では、母親がつきっきりで本を読み聞かせたり、計算ドリルをやらせたり、漢字の書き取りに励ませる。わからないことがあれば、インターネットを駆使して母親が一生懸命に調べた結果を、できる限り子どもにわかりやすく教える。

 

こうした幼児教育は、どちらかといえば子どもに悪影響を与える可能性が高いと考えられます。幼少期からこのような教育を受けて東大生になる。それも一つの生き方であり、そのための猛勉強も、忍耐力を養う意味ではそれなりに価値があるのかもしれません。

 

ただ、正直なところ「かわいそうだな」と思わずにいられません。そんなことをしなくとも、東大に合格できる可能性は十分にあります。それも、ごく普通に育った子どもたちです。受験勉強に使う時間も、うんと少なくても大丈夫なのです。

 

ただ一つだけ大切なこと、それはできるだけ早い時期から、頭を使う訓練をすること。これだけなのです。早い時期から知識を詰め込む必要など、まったくありません。頭を使えるようにさえなっていれば、知識は自然に身につくものです。

関西教育企画株式会社 灘学習院  学院長

昭和42年に神戸市灘区に学習塾「灘学習院」を開校。開校以来、思考教育に特化した教育を実践している。自分の頭で考える子どもを育てるため独自の「思考教育」を確立。40年以上に及ぶ指導経験と独自のノウハウを蓄積し、現在は教師の研修指導にあたっている。大手学習塾のように受験を目標とした「詰め込み型」「暗記型」ではなく、考える力自体を伸ばす「思考型」の教育法を実践。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

東大・京大に合格する 子どもの育て方

東大・京大に合格する 子どもの育て方

江藤 宏

幻冬舎メディアコンサルティング

「うちの子は勉強しているのに成績が上がらない」、「あの子は勉強しているように見えないのにいつも成績がいい」と感じたことはありませんか? 実はわかりやすい授業ほど、子どもの可能性を奪っているとしたら──。 40年に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!