都道府県「旅行好きランキング」…住民の8割が旅に出る県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は焦点を当てるのは「旅行」。GoToトラベルキャンペーンの全国一斉停止で右往左往していますが、それは旅行好きが多いことの裏返しかも。地域ごとに
傾向をみていきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

GoToトラベルキャンペーン…全国で一斉停止へ

12月14日、政府は12月28日から2021年1月11日までの間、GoToトラベルキャンペーンの利用を全国で一斉に停止すると発表しました。一部感染拡大エリアの一時停止を進めていくとみられていましたが、急転直下。新型コロナウイルス感染再拡大の状況を顧みての決断でした。

 

現在、先行一時停止の4都市が目的地となるGotoトラベルキャンペーン対象のツアーは、2021年1月11日まで新規予約は受け付けられません。12月28日から2021年1月11日までの旅行は、既存予約に関してもすべて対象外。Gotoトラベルキャンペーンの割引料金が適用されない料金であれば旅行は可能です。

 

全国一斉停止期間のGotoトラベルキャンペーン対象旅行のキャンセル料は、国が補填すると発表しています。ちなみにキャンセルの手続きは12月24日までです。

 

ドタバタ感が否めないGotoトラベルキャンペーンですが、今回の全国一時停止は新型コロナ感染再拡大の猛威を前に「仕方がない」という声が多数のようです。

 

そんなGotoトラベルキャンペーンですが、12月3日、観光庁は利用実績について、以下の通り発表をしました。

 

①利用人泊数は、少なくても約5260万人泊

②割引支援額は、約2509億円

③地域共通クーポン付与額は、少なくとも約571億円(10/1日~12/1日)

④1人当たりの割引支援額は約4770円

⑤1人当たりの旅行代金は、約1万3627円

*期間は断りがない場合、7/22~11/15

*一部推計含む

*主な事業者からの報告等に基づく速報値であり、確定値ではない

 

半月でプラス825万人泊ということなので、コロナ禍とはいえ、多くの人がGotoトラベルキャンペーンを利用していることがわかります。また血税が使われているわけですから、お得に旅行を楽しむだけでなく、きちんと効果にも注目していくのは、私たちの義務だといえるでしょう。

 

いつになったら旅行を楽しめるようになる?(※画像はイメージです/PIXTA)
いつになったら旅行を楽しめるようになる?(※画像はイメージです/PIXTA)

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧