満足度調査で判明…コロナ禍で「旦那に憤る妻」が急増していた

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、感染症拡大前と感染症影響下の意識の変化から、「withコロナ時代の生活」「withコロナ時代の夫婦のあり方」について考えていきます。

コロナ禍で生活満足度が急低下

新型コロナウイルス感染の第三波が訪れようとしています。厚生労働省が11月15日に発表したところによると、空港検疫やチャーター便帰国者事例を除く国内事例は、PCR検査実施人数273万497人に対し、陽性者は11万5,327人、入院治療等を要する者は1万1,759人、そして現在、重症者は243名となり、今年夏ごろの第2波のピーク、8月23日の259名に迫る勢いです。ちなみに今年春ごろの第1波のピーク時の重症者は、4月30日の328名でした(図表1)

 

出所:厚生労働省発表(11月15日現在)より作成
[図表1]新型コロナウイルスによる重症者の推移 出所:厚生労働省発表(11月15日現在)より作成

 

このような状況に対し、危機感を抱いた人も多いことでしょう。ただ、第二波のときがそうだったように、もう第一波で緊急事態宣言が発動されるような事態にはならないと、そこまで緊迫感を覚えている人は少ないのではないでしょうか。

 

新型コロナの感染状況に一喜一憂した2020年。もう新型コロナとともに生きるしかないと、どこか腹を括った人が多いのでしょう。

 

内閣府による「満足度・生活の質に関する調査」の第4次報告書では「with コロナの暮らしと満足度」についてまとめています。新型コロナ感染により、テレワークが当たり前になる一方で、外出が制限されたり、各店舗の営業時間が変わったりなど、人々の生活スタイルは大きく変わりました。それにより、わたしたちの生活満足度はどのように変わったのでしょうか。

 

感染症拡大前と感染症影響下を比較すると、「生活全体の満足度」は5.96から4.48へと、「仕事の満足度」は5.85から4.81へと、「生活の楽しさ・おもしろさの満足度」は6.33から4.38へと、「社会とのつながりの満足度」は6.07から4.32へと減少しました。生活全体の満足度の減少幅1.48に比べると、仕事の満足度の低下は1.03と小さい一方で、生活の楽しさ・面白さの低下幅は1.95、社会とのつながりの満足度の低下幅は1.75と大きくなっています(図表2)

 

出所:内閣府「満足度・生活の質に関する調査」第4次報告書より作成
[図表2]コロナ禍前後の満足度の変化 出所:内閣府「満足度・生活の質に関する調査」第4次報告書より作成

 

コロナ禍の生活への不満感は、仕事よりも自粛生活のなかで外出機会が減少したこと、親しい人との直接的な交流機会が減少したことによるものと考えられます。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧