結果、「先祖代々の自宅」を失う羽目に…残念な遺言書の中身

由緒正しき家柄ではあるものの、財産のほとんどを失ってしまった一家。「先祖代々の家だけは守り抜かなくては」という切実な思いから、母親が遺言書をしたためます。ところがその結果、思わぬ事態を招くこととなりました。トラブルを引き起こすこととなった遺言書の中身とは? また、母親の願いを叶えるには、どうすればよかったのでしょうか。※本連載は、楠部亮太弁護士、中川紗希弁護士、平田久美子税理士ら監修の『失敗しない遺言とお墓のはなし』(税務研究会出版局)より、一部を抜粋・再編集したものです。登場するすべての事例・住所や氏名などはいずれも架空のものであり、実在の人物等とは関係ありません。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

【事例】「先祖代々の家」を守りたい一心で…

福永家は旧家で、スマ(仮名)が福永家に嫁いだのは50年も前。スマは二人の子どもに恵まれ、不自由のない日々が続く。

 

ところが、福永家には怒涛の如く災難が押し寄せる。夫が事業に失敗し、心労で倒れ帰らぬ人となってしまった。スマは家財道具や着物、お金になるものは手あたり次第に処分して二人の子どもを育てた。

 

ただ、どうしても売りたくないものがあった。それは家である。幸せだった思い出や夫の無念、引き継ぐ妻の責任。家だけは守らなければならない。後継ぎの長男も理解している。だが、それから5年。スマが亡くなってからほどなく、福永家の敷地にブルドーザーが入り、家は取り壊されてしまった。結局、守り抜けなかったのである。

 

(※福永家の相関図は図表1参照)

 

イラスト:新岡麻美子
[図表1]福永家相関図 ※氏名等はすべて架空のものです。
イラスト:新岡麻美子

 

スマさんは生前、図表2のような遺言書をしたためました。長男の茂也さんに全財産を相続させ、家を守ろうとしたのです。

 

残念なポイントは【財産すべて】 【長男茂也】の2つ。解説は以降詳述 ※住所・氏名等は架空。
[図表2]残念な遺言書 残念なポイントは【財産すべて】 【長男茂也】の2つ。
※住所・氏名等はすべて架空のものです。

 

楠部法律事務所 代表弁護士

不動産、事業の承継等、遺言・相続に関する様々な法律相談を手掛ける。

著者紹介

abri(アブリ)新宿総合法律事務所 代表 弁護士

東京弁護士会 遺言・相続部会所属。遺言・相続の相談やトラブル対応まで幅広く対応している。

著者紹介

平田久美子税理士事務所 代表 税理士

相続税の申告・相続に数多くの実績がある。相続関連の著書も多数執筆。CFP1級FP

著者紹介

連載プロが解説!人生100年時代の安心を得る…失敗しない「遺言」と「お墓」のポイント

失敗しない遺言とお墓のはなし 人生100年時代の安心を!

失敗しない遺言とお墓のはなし 人生100年時代の安心を!

監修:楠部 亮太(弁護士)

監修:中川 紗希(弁護士)

監修:平田 久美子(税理士)

取材協力:畠中 雅子(ファイナンシャルプランナー)

税務研究会出版局

「自分の相続で、子どもに迷惑をかけたくない」 「遺言書を作りたいけど、正しい書き方がわからない」 相続税法や民法の改正により、多くのご家庭で相続に対する関心が高まっています。 その一方で、最近の親世代は、子…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧