統計開始以来過去最少も「自殺大国・日本」という異常事態

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、先日閣議決定された「自殺対策白書」から、「自殺防止」について考えていきます。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

自殺は年々減少し、過去最少を記録

10月27日、政府の閣議で2020年版の自殺対策白書を決定しました。これは自殺対策基本法10条に基づき、毎年つくられているものです。

 

白書では、警察庁による「自殺統計」と、厚生労働省「人口動態統計」、2つの調査による数値が展開されています。前者は日本人に住む日本人及び外国人が対象なのに対し、後者は日本人のみを対象にしていたりなど、計上の方法にいくつかの違いがあり、数値に若干の差異は見られるものの、傾向に大きな違いは見られません。以下、警視庁発表の数値で展開していきます。

 

白書によると、2019年1年間の自殺者は2万169人。前年と比べて671人の減少で、1978年の統計開始以来、最少となりました。また自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)も16.0で、こちらも統計開始以来、最少となりました(図表1)

 

出所:厚生労働省「自殺対策白書2020年版」/警察庁「自殺統計」より作成
[図表1]自殺数の推移 出所:厚生労働省「自殺対策白書2020年版」/警察庁「自殺統計」より作成

 

また性別では、男性が1万4,078人と全体の69.8%を占め、年齢別では「50歳代」が3,435人で17.0%、「40歳代」3,426人で17.0%、「70歳代」2,917人で14.5%、「60歳代」2,902人で14.4%と続きます(図表2)。職業別では「無職者」が1万1,345人で56.2%、「被雇用者・勤め人」6,202人で30.8%、「自営業・家族従業者」1,410人で7.0%)、「学生・生徒等」888人で4.4%)と続きます。

 

[図表1]自殺数の推移 出所:厚生労働省「自殺対策白書2020年版」/警察庁「自殺統計」より作成
[図表2]年齢階級別自殺者の推移 [図表1]自殺数の推移
出所:厚生労働省「自殺対策白書2020年版」/警察庁「自殺統計」より作成

 

ちなみに自殺者は統計開始以来、2万人台で推移していたものの、1998年に自殺者数急増し、32,863人と3万人台に。2004年には34,427人とピークに達します。その後も3万人台で推移していましたが、2010年以降は減少に転じ、2012年には再び2万人台になっていました。

 

【関連セミナー】

※【12/5開催】勤務医のための「キャリア&資産形成」戦略セミナー

 

※【12/5開催】入居率99%がずっと続く「驚愕&堅実のアパート経営」の秘密を大公開!

 

※【12/8開催】会社法活用のカリスマ弁護士が語る!事業承継リスク対策×種類株式戦略

 

※【12/8開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」による富裕層の節税対策・資産運用法

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【勤務医限定】「良いニュース」と「悪いニュース」

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧