都道府県別「睡眠ランキング」8時間超えの1位は短命でも有名

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は「健康と睡眠」、そして「所得」との関係について焦点をあてていきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「食の健康」…世帯所得が高くないと得られない

秋といえば「食欲の秋」「スポーツの秋」。食べ物は美味しく、運動するにも気候が良いので、何かと健康について考えることも多い季節ではないでしょうか。

 

厚生労働省が今年発表した「国民健康・栄養調査結果(平成30年)」では、健康と所得との関係性について明らかにしています。そのなかでいくつか、興味深い結果をみていきましょう。

 

*健康増進法に基づき、国民の身体の状況、栄養素等摂取量、および生活習慣の状況を明らかにし、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ること」を目的にした調査。

 

■食塩摂取量
世帯の所得が600万円以上の世帯員に対して、200万円未満の男性世帯員で少ない。

■野菜摂取量
世帯の所得が600万円以上の世帯員に対して、200万円未満、200万~400万円未満の男性世帯員で少ない。

■果物摂取量
世帯の所得が600万円以上の世帯員に対して、200万円未満の女性世帯員で少ない。

■肉類、乳類の摂取量
世帯の所得が600万円以上の世帯員に対して、200万円未満の全世帯員で少ない。

■エネルギー摂取量
世帯の所得が600万円以上の世帯員に対して、200万円未満の全世帯員で少ない。

■食品選択の基準
「おいしさ」「栄養価」「季節感・旬」を重視する世帯所得600万円以上の世帯員に対し、特に200万円未満の全世帯員は重視することはない。

■食事の組み合わせ
主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上食べる頻度は、世帯の所得が600万円以上の世帯員は「ほとんど毎日」の回答が高いのに対し、200万円未満の全世帯員では「ほとんどない」の回答が高い。また「ほとんどない」の理由として「食費の余裕がない」の回答が多い。

■やせの者の割合
世帯の所得が600万円以上の世帯員に対して、200万~400万円未満の男性世帯員で高い。

 

お腹を満たすには、お金がかかる。栄養バランスを考えるのも、お金がかかる……食べ物から健康を考えるなら、まずは「お金が必要」という現実が明らかになっています。

 

【6-7月開催のセミナー】

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧