できる社長が「融資取引一覧表」を銀行員に見せる理由

今回は、できる社長が「融資取引一覧表」を銀行員に見せる理由をお伝えします。 ※本連載は、“ナニワの人情税理士”として知られる鈴木和宏氏の著書、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)の中から一部を抜粋し、「儲かる社長」が実践している資金繰りのノウハウをご紹介します。

銀行員に自分の会社に「興味を持ってもらう」には?

皆さん、金融機関別融資取引一覧表を作成しておられますか? 金融機関別融資取引一覧表は、銀行と融資取引の駆け引きをする材料になります。融資審査のときには、決算書や勘定科目内訳書、税務申告書が必要になります。しかし銀行では、決算書よりも添付してある金融機関別融資取引一覧表が欲しいのです。ではどうして、銀行員は、融資取引一覧表を欲しがるのでしょうか?

 

 

銀行の融資は、支店長権限決済のケースは別として、審査部に稟議書を送付して決済してもらえない限り、融資の実行はありえません。また、銀行融資では、担当する銀行員に「あなたの会社に融資したい」という積極的な想いを抱いてもらう必要があります。

 

たとえば生命保険などへの加入であれば、申込書にサインをしてもらう前に、お客様に数回面談を実施して保険内容に納得して返事をもらわない限り、担当者(外交員)は申込書を預かることができません。

 

銀行融資はその逆で、銀行員がよりお客様に興味を持たない限り、融資をしたいとは思いません。つまり、銀行員に金融機関別融資取引一覧表を作成して渡すことで、自分の会社に興味を持ってもらうのです。自分の会社に銀行員がより興味を持つことで、融資取引をスムーズに運ぶことができます。

 

よく決算書や勘定科目内訳書を確認すれば、どこの銀行からいくら融資を受けているのかがわかるから、「金融機関別融資取引一覧表」を銀行員に渡しても意味がないという方がいらっしゃいます。

 

そんなことはありません。融資取引の内訳を決算書の勘定科目明細には毎月の返済額や最終返済期限などは100%記載されていません。

 

「金融機関別融資取引一覧表」の内容を銀行員に渡すからこそ、銀行員が新規融資をするときに(勝手に)融資のイメージを始めるのです。融資のイメージをするということは、会社について意識的に興味を持たせることができるかどうかがポイントになるのです。

 

この一覧表と直近の試算表と資金繰り予定表の3表を銀行に提出したうえで、銀行員に興味を持たせることができれば、経営者がイメージしているよりもいい条件で融資取引ができるようになります。

 

融資渉外担当者の本業は銀行の本質である〝お金を貸す〟ことです。どんなに預金取引、為替取引、投資信託や生命保険の預かり資産業務で実績を上げたとしても、純新規先・長期融資・信用保証協会付融資の実績を上げていかなければ、出世への道の階段を登ることはできないといわれています。

銀行の選択と付き合い方で「会社の将来」が変わる

いずれにしても、資金調達を軽視すると、会社は成長・発展することができません。経営がうまくいくと信じて、その経営を軌道に乗せ、資金を枯らさないことが経営者の責任です。

 

どんなに素晴らしい事業であっても、どんなに成功する確率の高い事業であっても、会社経営において資金のショートは事業の停止を意味します。何としても資金を準備し続けなければなりません。

 

自前の収益で資金を賄うことが理想ですが、現実的に無借金経営は困難です。不足するなら借入や融資での資金調達が必要になります。資金調達力の欠落は、経営者として失格となります。ですから、資金調達を軽視したり、誰かに任せたりすることなく、責任を持って取り組んでください。

 

私が現場でよく質問されるのが、「どの銀行と取引をしたらいいでしょうか?」ということです。中小企業の場合、取引銀行をいくつも持つメリットはなく、2行程度に絞ったほうがいいでしょう。預金取引だけを考えるのであれば、自社の近くだからとか、イメージがいいからメガバンクの都市銀行といった感じで決めること自体は問題ありません。

 

しかし、融資取引に関していえば、そういう選択は正しいとはいえません。預金取引でいちばん利用している銀行が融資に協力的とは限りません。また、メガバンクが年商数億円以下の中小企業に親身な対応をしてくれることはあまり期待しないほうがいい。これが常識です。

 

中小企業が融資取引で深い付き合いを望むなら、地方銀行や信用金庫、信用組合と取引をするべきでしょう。会社の業暦が浅い、または会社規模がまだ大きくない状況でしたら、まず中小企業と同じ目線で対応してくれる地方銀行や信用金庫、信用組合との取引を大切にし、将来的にメガバンクを視野に入れるべきです。

 

キャッシュがなくなってしまえば、「すんまへん」では済みません。

 

キャッシュは、保険と同じく、リスク回避になることを儲かっている社長はよく理解しています。

鈴木和宏税理士事務所 所長
一般社団法人ほほえみ信託協会 代表理事
税理士 

昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。
昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年2月税理士登録。
昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている。
主な著書に、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)、『検討してみよう!家族信託の基礎知識』『相続対策の基礎知識 生命保険活用編』『[改訂版]検討してみよう!生前贈与の基礎知識』『生前贈与Q&A』(以上、ファーストプレス)、『まんがで学ぶ相続と遺言』(新日本保険新聞社)、『中小企業経営者のライフプラン~起業から事業承継まで~』(共著、ぎょうせい)など多数。

著者紹介

連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ

本連載は、2015年12月12日刊行の書籍『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

鈴木 和宏

マネジメント社

がっちり儲けている社長は、どういうことを考え、実践しているのでしょうか。同時に、税理士をどのように役立てているのでしょうか。 本書は、31年の税理士生活のなかで出会った多くの経営者とのお付き合いを通じ、学んだエッ…

検討してみよう!  家族信託の基礎知識

検討してみよう! 家族信託の基礎知識

鈴木 和宏

ファーストプレス

家族信託とは、信頼できる家族・親族や知人などが財産の預かり手(財産管理をする者)となり、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態です。家族の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧