中小企業、コロナ危機から回復も「3割は淘汰される」の現実味

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、「中小企業の実情」についてみていきます。

【関連セミナー】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

「中小企業の再編」で目指す、日本の未来とは?

中小企業の状況は依然として厳しい(※画像はイメージです/PIXTA)
中小企業の状況は依然として厳しい(※画像はイメージです/PIXTA)

 

菅義偉政権が誕生してもうすぐ1ヵ月を迎えますが、発足当時、「中小企業基本法の見直しに向けた検討に着手する」と大きく報道されました。中小企業基本法は1963年、大企業と比べて資金力などで劣る中小企業の発展・支援を目的に、国の中小企業に関する政策について、基本理念や方針、定義などを定めた法律です。

 

中小企業基本法第2条第1項で、業種別に中小企業を具体的に定義しています。たとえば製造業では「資本金が3億円以下であること」「常時雇用する従業員が300人以下であること」のいずれかの条件を満たす企業を指す(ただし、ゴム製品製造業については資本金が3億円以下、または常時雇用する従業員が900人以下)としています。さらに常時雇用する従業員が20人以下の場合は「小規模企業者」に区分しています(図表1)

 

出所:中小企業庁「中小企業白書2020」
[図表1]中小企業基本法上の中小企業の定義 出所:中小企業庁「中小企業白書2020」

 

日本において大企業はたった0.3%。残る99.7%は中小企業が占めます。従業員数では約70%が中小企業で、付加価値となると全体の53%となります。これが何を示しているかといえば、日本では中小企業が大半を占めるにも関わらず、生産性が低いということ。他の先進諸国と比べても際立って低く、その生産性の低さが低賃金の常態化を招いていると指摘されています。

 

【関連セミナー】

※【10/22開催】新規事業に最適!「黒字化を保証する」優良教育事業の全貌

 

※【10/24開催】入居率99%を続ける!堅実アパート経営の秘訣を大公開!

 

※【10/24開催】実質利回り20%!「ワールドトレードセンター」投資案件限定公開

 

※【10/24開催】家賃下落リスクを極限まで抑える!新築区分マンション投資の新常識

 

※【随時開催】勤務医のための投資勉強会~次世代の不動産投資~

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧