ホテルの広報担当が「病院の経営企画室」に転職した結果…

仕事のスタイルや仕事の進め方、センス、価値観は、性格と同じで自分では変えられない。しかし、場所を変えると評価は上にも下にも違ってくる。その理由は企業との「相性」が大きな要因だ。企業も個人の集合体、絶対に変えられない性格、つまり社風のようなものが確かに存在する。ここでは、「異業種」へと転職することで天職に出会えるためのノウハウを紹介する。本連載は、武元康明氏の著書『30代からの「異業種」転職成功の極意』(河出書房新社)から一部を抜粋した原稿です。

住宅業のトップ営業マン、食品メーカー企画職へ転職

転職の成否を分けるのは、まず「OS」のマッチングです。私が定義するOSの詳細についてはコンピュータでいうオペレーティングシステム(基本言語)をイメージしてください。

 

自己のOSは、自分自身が持っている固有の資質や行動原理、理念、信条などです。これが、企業のOS(企業風土)と合っていないと、どれだけ素晴らしいアプリケーションソフト(スキル・実績・ノウハウ)を持っていても起動させることができません。

 

逆にいうと、自己のOSと企業のOSがマッチしていれば、業種や職種の壁を超えた転身・転職を成功させることができるのです。これからいくつかの事例を紹介しますが、この「OS」という考え方を念頭に読んでいただければと思います。

 

【Hさんの事例】

 

まず最初は、東京にある大手住宅設備会社のトップセールスマンが、30代後半で地方の食品メーカーの経営企画室のIR部門(投資家向け広報)に転職して、課長代理から、室長、取締役、最後は副社長にまでなったケースです。

 

転職先の食品メーカーは当時、IPO(株式公開)したばかりでIR部門の強化が課題となっていました。こういう場合は、財務経理出身者から人材を探してくるというのが当たり前の時代でしたが、当時の食品メーカーのオーナーの、会社のさらなる成長のためには、専門性よりも広い視野が必要との判断から、財務経理にこだわらない採用を模索しました。

 

上場したての会社だったこともあり、外部に対する経営情報の発信はもちろんのこと、内部への情報発信も重視していきたいという思いがあったのです。

 

情報発信力の本質について考えた経営陣は、財務経理のように数字に明るいことに加えて、コミュニケーション能力を持った人が必要なのではないか、では、そのコミュニケーション能力を持った人はどんな職種に多くいるのか……と考え、ひとつは営業だろうという結論になったのです。

 

セールスマンから経営企画室というと全然違う仕事のようですが、実はそうでもありません。まず数字に強いこと、営業的なセンスと情報発信力を持っていること。さらにもうひとつ、フットワークがあるというのが営業職の魅力ですが、それはその食品メーカーが考える「経営企画」に必要とされる資質でもありました。

 

とくに社内に対しての情報発信は電話やメールでなく、足を運んで、顔を見せながらフェイス・トゥ・フェイスでするということが重要になってきます。そこで、住宅資材メーカーのトップセールスマンだったHさんに白羽の矢が立ちました。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

Hさんはもともとその食品メーカーがある地方の出身で、ある時期からUターンを考え始めていました。それまでは営業職しか経験がなかったけれど、将来は経営職を目指そうという意識もあって中小企業診断士の資格を取ったりもしていたのです。

 

おそらく、Hさん自身が自分自身の資質をよく知っていたのでしょう。「経営職をやりたい」というよりも「営業職だけでは満足しない」という思いがどこかにあったのだと思います。自分をよく知り、思考、行動特性を知り、その能力を発揮できそうなポジションを探していたのです。

 

そこで当時、急成長中だった食品メーカーの経営企画室の話を私から持ちかけたところ、とんとん拍子に話が進んで入社することになりました。入社後は、まさに思惑通りHさんの能力がいかんなく発揮され、会社はますます成長し、本人は副社長にまで出世しました。最終的には会社がある外資系の傘下に入ったことで、Hさんもそれを機に退任されたということです。

 

成功の要因にはもうひとつ、Hさんの資質が、「成長期」という会社の経営ステージ(これについては後で説明します)にジャストフィットしていたことがあげられます。一流住宅資材メーカーの営業マンとしてトップを張るということは、What構築能力(創造的・戦略的思考)が必要です。それはそのまま、拡大・成長期の企業に必要とされるものなのです。

 

いずれにせよ、さまざまな要因がうまくハマった成功例のひとつです。こうなると、Hさん個人にとっても、会社にとってもウイン・ウインの関係になれるわけです。

半蔵門パートナーズ 社長

1968年生まれ、石川県出身。 全日空エンタプライズ・シンガポール航空・ニュージーランド航空を経て、1998年に人材ビジネス業界へ転身。23年の人材サーチキャリアを持つ、経済界と医学界における世界有数のトップヘッドハンター。 現職は2008年より。
欧米的な職務能力だけ評価するヘッドハンティングではなく、人物像まで評価し、依頼主のマネジメントスタイルや経営ステージに合わせたマッチングが必要との独自のマッチング理論を確立・実践し、評価を受けている。現役ヘッドハンターとしてクライアント対応から候補者インタビューまで幅広く手がけ、毎日、全国各地を飛び回る。
江口洋介主演・テレビ東京ドラマBiz「ヘッドハンター」監修をはじめ、CM出演、東京外国語大学ビジネスキャリア・講師&科研費事業研究メンバーとしても活動中。執筆・出版多数(寄稿文が大学入試問題にも採用)、最新書籍は河出書房新社「超一流ヘッドハンターが教える!30代からの『異業種』転職成功の極意」。
趣味は全国のうなぎ屋巡り、持ち帰った箸袋をホームページで公開中。

著者紹介

連載30代からの「異業種」転職で“天職”に出会うために~終身雇用の終焉を生きる私たち~

30代からの「異業種」転職 成功の極意

30代からの「異業種」転職 成功の極意

武本 康明

河出書房新社

30代からでも未経験職種でも。自分の資質を知り自分の「価値」を売るノウハウを分かりやすく解説した異業種転職マニュアル決定版!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!