「あわや廃業」の会社が8500万円で売れた理由

本記事は、山田知広税理士の著書『オーナー社長のスゴい引退術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

社長は子どもの頃から「理科の実験」が大好きだった

廃業予定だった会社が高値で売れた事例を紹介しましょう。

 

2015年の話です。名古屋にあるCという会社は特殊な塗料の開発をしたり、塗装加工をするメーカーです。施設は、開発用のラボが併設された事務所と、塗装加工をするための作業場を持っています。従業員は当時、十数名いました。

 

社長はすでに77歳になっていましたが意気軒昂で、仕事を生きがいにしているような人でした。子どもの頃から理科の実験が大好きだったそうで、いつも暇さえあればラボに籠り、薬品を調合して新しい塗料や溶剤の開発をし、塗料の伸びや発色、落ちにくさの実験を行っていました。

 

仕事を生きがいにしているような社長だったが? (画像)PIXTA
仕事を生きがいにしているような社長だったが?
(画像)PIXTA

 

この会社は私の父の代から顧問税理士をさせていただいており、社長や奥様とは長い付き合いがあります。ご家族は奥様の他に息子さんと娘さんが1人ずつおられました。お子さんはお2人ともそれぞれ独立し、家を離れて東京近郊で生活しています。以前、社長にも息子さんにも確認したことがあるのですが、息子さんがC社を継ぐことはないとのことでした。

 

奥様は社長が高齢であることを気にかけておられ、「もし社長に何かあったら、この会社はどうなりますか」という質問を時々、私にされていました。後継者がおらず、事業承継の準備もしていないので、このままいけば廃業が濃厚でした。

 

私は私で随分前から折を見ては、「社長、そろそろ事業承継をお考えになりませんか」「ご家族も心配なさっていますよ」「もし社長が会社を続けられなくなったら、従業員もみんな困りますよ」などと声をかけていたのですが、どうも今ひとつピンとこないようで、いつも生返事しか返ってきませんでした。

 

そんなある日、社長から私に電話がかかってきました。普段は決算の担当者にしか電話をかけてこない社長が、直接私宛に電話をかけてきたのです。「そろそろ前に言っていたM&Aを進めていきたいと思ってね」。

山田知広税理士事務所 代表
株式会社八事財産コンサルティング 代表
株式会社経営情報センター 代表
株式会社中日本エム・アンド・エー・センター 代表
名古屋税理士会所属、愛知県行政書士会所属、
TKC全国会所属
日本M&A協会理事会員、青年経営者研修塾所属 税理士・行政書士
経済産業省 認定経営革新等支援機関
M&Aシニアエキスパート
家族信託専門士

1971年生まれ、愛知県名古屋市出身。2002年税理士登録。これまで150件以上の相続申告を経験。個人・法人の事業承継対策や相続税対策を行い“モメない相続対策”コンサルティングを行なう。中小企業のM&Aサポートや、若手経営者の勉強会「ATMビジネスラボ」を主宰し後継者教育にも力を入れる。2018年で事務所創立60周年。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

オーナー社長のスゴい引退術

オーナー社長のスゴい引退術

山田 知広

幻冬舎

引退の先延ばしは様々な問題を引き起こす。事業の競争力が低下し、結果として休廃業を選択する企業が多い。 また事業承継を行う場合、その多くは計画的に準備がされていないため、トラブルや失敗を招きがちだ。 後ろ向きに捉…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧