まさに「中古」そのもの…リノベでどう変わった?

【リノベーション内容】

昭和に建てられた一戸建ては見た目も中身も古く、まさに「中古」そのもの。しかし、三角屋根や立派な梁など、古い戸建てならではの魅力もたくさんあります。Wさんは「主人の実家の隣だったから」と、築43年の民家を購入しました。さて、心配なのはやはり耐震構造や生活動線です。40年前と現代では大きく暮らし方も変化しています。果たしてどのように変えることで「理想の住まい」を実現したのでしょうか。

 

【「古さ」と「新しさ」が共存するリノベーションならではの空間づくり】

 

「戸建てだけど、1階ですべて生活できるようにしたい」と、マンション感覚の便利さを希望したWさん。2階部分をぶち抜いて作ったワンルームの開放的な空間は、LDK→廊下→寝室→廊下→LDKと回遊できるストレスのない動線を配しました。

 

【リノベ後の写真を見る】からもわかるように、リビングの中心には、Wさんが一目惚れしたステンレス製のキッチンカウンターを置き、壁にはタイルや真っ白なクロスをチョイス。キッチン周りの収納は、既存のものに合わせて作ったのでジャストフィットしています。

 

また、単純にまるごと作り変えるだけがリノベーションではありません。その物件が持つ魅力を認めたうえで活かせるのもまた醍醐味ですから、当時の面影を残す木製の階段や梁は残し、意匠として取り入れることでややレトロな雰囲気に仕上げました。

 

もちろん、耐震診断も欠かしません。今回はアンティーク調のワイヤーで柱と天井を補強したのですが、これもまたうまく雰囲気に溶け込んでいるのが分かるでしょうか。100年以上使えるといわれるアートギャッベの絨毯も不可欠。畳より柔らかくしなやかな空気感に仕上がりました。デザインで統一感を出しつつ、生活を豊かにする。これぞシンプルハウスが求めている形です。

 

【リノベーション費用詳細】

 

解体処分工事:140万円

造作意匠工事:200万円

建具家具工事:140万円

設備刷新工事:350万円

電気防災工事:90万円

内装仕上工事:150万円

インテリア工事:110万円

───────────────────

合計:1180万円

※設計・諸経費は含んでいません

※参考価格であり契約金額ではありません

※税抜価格です

 

※本記事は、株式会社シンプルハウス代表取締役・山本武司氏の書籍『中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」』(幻冬舎MC)から一部を抜粋したものです。

 

【実際のリノベ後の写真を見る】

 

 

山本 武司

株式会社シンプルハウス 代表取締役

 

株式会社シンプルハウス代表取締役
増改築セミナー講師
MUJIリノベーションクラブ講師
リノベーション協議会理事

奈良県生まれ、店舗設計会社・内装会社を経て1984年創業。のち会社設立、代表取締役就任。以来、内装、建築、増改築などリフォーム全般に携わる。1994年現社名に変更、一級建築士事務所として登録。

独自のポータルサイトや不動産情報の提供に加え、特に不動産購入やリノベーションを検討する夫婦の「理想」を拾い上げ、ムダのない空間づくりやコスト面においてニーズを合致させる魅力的なリノベーションに定評がある。前著『中古×リノベーションでつくる世界にひとつだけの住まい』(幻冬舎)。

著者紹介

連載中古住宅×リノベーション~ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

山本 武司

幻冬舎メディアコンサルティング

既存住宅×リノベーションだからこそ実現できる「理想の暮らし」がある! ローコストで“世界にひとつ、あなただけの理想の住まいを手に入れられるリノベーションの魅力とは? ご自身のライフスタイルやご家族のライフステ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧