Withコロナ時代の老後資産形成…暴落リスクが低い投資対象は

新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、社会的にも経済的にも、見通しが立たない状況が続いています。今後の仕事の状況はもちろんですが、大切に築いてきた老後資産が目減りしないか、不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

2020年2月に発生した歴史的な株の大暴落が落ち着いてから、市場は一定の安定感を見せていますが、一方で悪材料出現の可能性は十分に考えられ、再び混乱に陥るリスクをはらんでいます。このような不安定な状況下で、コツコツと築いた資産を守り、着実な運用を行うにはどうすればいいのでしょうか。

本記事では、ファイナンシャル・プランナーで株式会社Money & You代表の頼藤太希氏が、下落相場における資産運用について考察するとともに、暴落に強い資産やその組み合わせを平易に解説します。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

株式会社Money&You 代表取締役/マネーコンサルタント ファイナンシャル・プランナー(AFP)

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。宅地建物取引士。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社資産運用リスク管理部で金融工学を駆使したリスク管理業務に従事。2015年に株式会社Money&Youを創業し、代表取締役社長に就任。“一生涯のお金の相談パートナー”が見つかる女性向けメディア「FP Cafe」を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。

株式会社Money&You
http://moneyandyou.jp/

FP Cafe
https://fpcafe.jp/

twitter
@yorifujitaiki

著者紹介

連載お金のプロ集団(株)Money&You直伝!「お金の寿命」を延ばす資産運用の極意

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧