「66歳・妻に先立たれた男性」が町内会で言われた悲しい悪口

人生100年時代…。社会現象となった「熟年離婚」は、生活や金銭のストレスだけでなく、寿命でさえも左右してしまいます。夫婦円満の秘訣を学び、熟年離婚の危機に備えましょう。本連載は性差医療専門医、清水一郎氏の著書『ストップthe熟年離婚』から一部を抜粋し、熟年離婚・死別が夫婦に及ぼす影響と、その対処法について解説します。

[PR]「優良物件を安く買う⁉」
【オープンハウスのアメリカ不動産投資】詳しくはこちら>>>

妻と死別後、慣れない家事に苦戦する夫

男性は、一般に配偶者に先立たれると女性以上にその喪失感やダメージが大きいと言われています。何より妻への依存度が高かった家事や近所付き合いなどが思うに任せません。普段から近隣住人と気楽に立ち話をし、物をもらったりあげたり、さらに相談ごとや困ったことだってそれなりに対処してきた妻がそばにいなくなるのです。

 

彼女に連れられて参加していた町内会・自治会のボランティア活動やその他さまざまな地域行事への参加などがおっくうになります。別居の子どもや孫に会いに行くのも、日々の買い物も含め外出そのものが減って、男性は引きこもる傾向にあります。

 

そんなことを真っ先に思い出させてくれたのは10年来私の外来に通院していた健夫さん(仮名、66歳)です。

 

公認会計士として働く健夫さんは、二人の娘さんから「お父さんは一人になったらどうするの? 食事や身の回りのことなんか、何もしないし、できないでしょう」と指摘され、仕事だけに埋没する自分をなかば自嘲するように話しておられました。私の外来を受診され始めた頃のことです。

 

しかし、2年前に奥様が突然の病で他界され、既に娘さんたちも他県に嫁いでおられましたから、予想もしていなかった独り身の生活が現実となってしまったのです。当然、自炊できる状態になく、外食が中心で、弁当やお惣菜類の買い物をする程度です。

 

だんだん外出がおっくうに…
だんだん外出がおっくうに…

 

洗濯はできても掃除などは手抜き状態。職場の仲間以外との付き合いがほとんどないそうで、「私が病気にでもなったらどうしたものか」と珍しく弱気なことも口にされるようになりました。

 

「料理することも楽しいのよ。習いに行ったら」と娘さんに言われる始末。久しぶりに町内会の会合に参加して、財政上の問題をいろいろ指摘したら、「上から目線でちょっと威圧的だ」と後で陰口をたたかれてしまって、ますます出不精になったとおっしゃっておられました。

おひさまクリニックセンター北 院長

医学博士。性差医療専門医。大阪府出身。愛媛大学医学部卒業。
米国ペンシルバニア大学医学部博士研究員、徳島大学大学院消化器内科准教授、聖隷横浜病院消化器内科部長などを経て、現在、おひさまクリニックセンター北院長。1998年日本消化器病学会奨励賞、1999年Liver Forum in Kyoto研究奨励賞を受賞。
著書に、『女性肝臓学入門』『老いない美人 女性ホルモンできれいになる!』(以上、西村書店)、『患者だった医師が教える糖尿病が消える「ちょっとした」キッカケ16』(幻冬舎ルネッサンス)、『ストップthe熟年離婚』(幻冬舎MC)などがある。

著者紹介

連載性差医療専門医が教える夫婦円満の秘訣!ストップthe熟年離婚

ストップthe熟年離婚

ストップthe熟年離婚

清水 一郎

幻冬舎メディアコンサルティング

夫や妻に対して積もったイライラ、そしてある日訪れる、熟年離婚の危機。人生100年時代と言われる今、残りの人生を有意義に過ごすための方法とは。統計データを基に夫、妻の攻略法を徹底解説。夫婦間で起きる問題と、その対処…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧