英国超名門・シュルーズベリ校「タイ・バンコク校」お受験事情

インターナショナルスクールが多いタイのバンコクには、格式高い英国パブリックスクール「シュルーズベリ校」の分校も創設されており、わが子にグローバル教育を受けさせたい富裕層がひそかに注目しています。シュルーズベリ校「タイ・バンコク校」に入学するには、どのような手順を踏むのでしょうか。実例をもとに解説します。※本記事は、OWL香港のマネージング・ディレクターの小峰孝史弁護士が監修、OWL香港が執筆・編集したものです。

英国名門私立ならではの一流教育

日本人の移住先として人気の高い東南アジアですが、なかでもタイは住みやすさに定評があります。人口800万人の首都バンコクは大都市ならではの施設が充実しており、日本人が約5万人も暮らしているため、日本人向けの施設(飲食店、スーパーマーケット、塾など)も揃っています。さらに不動産価格などがそれほど高くないという点も大きな魅力です。

 

しかし家族で移住する場合、居住環境だけでなくお子さんの学校教育事情も気になるところでしょう。

 

バンコクには多くの日本人学校がありますが、前回の記事『英国の超名門・シュルーズベリ校「タイ・バンコク校」の教育』でもご紹介したように、インターナショナルスクールが150校以上あります。なかでもトップクラスの人気を誇るのは、イギリスの名門私立「シュルーズベリ校」のバンコク校です。アジアにいながら英国流そのままの教育を受けられるだけでなく、世界の一流大学への進学実績を誇るスクールです。

 

子どもたちの創造性を伸ばすことを重視し、音楽や芸術に力を入れ、最高の環境のもと行われる本校独自の教育は、日本人学校では受けられない貴重な経験となるでしょう。

 

タイで最も人気を集める英国名門私立の分校となると、ハードルが高く感じるかもしれません。そこで本記事では、弊社の顧客のお子さんが実際に見学・受験したときの様子を紹介します。

事前に提出するのは、願書・成績表・健康診断結果

まず、現地の面接試験の前に提出しておく必要があるのは「願書」のほか、「在籍中の小学校の成績表(英訳)」「健康診断結果(英語版)」です。

 

当日、現地に到着後には、教室や運動場、ホールなどを見学するスクールツアーがあり、その後面接を行いました。

 

通常はスクールツアーと面接を別の日に行うようですが、受験者に日程の都合がある場合、入試担当のスタッフが認めれば、スクールツアーと面接を1日で行うことも可能です。

 

タイで人気の英系インターナショナルスクールの筆頭格
シュルーズベリ校・バンコク校のホールの様子(HPより)

子どもだけの面接があるが、英語力は重視されない

面接は「子どもの面接」と「親の面接」を分けて行います。

 

子どもの面接は、入学したならば担任になる先生と1対1で行います。英語を問題なく話せる日本人のお子さんはなかなかいないと思いますが、確認する限り、少しでもコミュニケーションがとれれば十分なようです。とくに幼稚園のお子さんの場合は、クラスの子どもたちに交じって一緒に遊んでみるという程度で、面接というほどのものではありませんでした。実際、幼稚園くらいの年齢であれば、英語ができなくてもすぐに英語環境に慣れますので、あまり心配しなくてよさそうです。

 

受験生が幼稚園児の場合、クラスに交じって一緒に遊んでみる
少しでもコミュニケーションをとれれば大丈夫(HPより)

両親は入試担当教職員と面接を行うが、通訳同伴OK

どちらかというと、両親の面接のほうがむずかしいかもしれません。

 

シュルーズベリ校は、生徒たちの両親に学校のイベントへ積極的に参加してほしいと考えているため、両親の面接は非常に重視されています。両親のバックグラウンド(とくに職業)、お子さんへの教育方針、お子さんの家での様子など、かなり細かく聞かれます。

 

基本的に、面接は入試担当の教職員と両親との間で行われるのですが、弊社はその通訳としてお手伝いしました。今回、弊社が入試をお手伝いしたお子さんたちは無事に合格され、現在シュルーズベリ校に通っています。この素晴らしい環境で学ぶお子さんたちの輝かしい未来が楽しみです。

 

インターナショナルスクールと聞くと、そもそも入学準備すらできないのではないか…と不安を持つ親御さんもいるかもしれません。

 

しかし、入学手続なら弊社のような会社がお手伝いすることが可能であり、入学したあとは学校の手厚いサポート体制が整っています。今回のお手伝いを通じ、「シュルーズベリ校」のバンコク校は、日本からバンコクに移住される方にお勧めしたいスクールだと実感しています。

 

 

小峰 孝史
OWL香港 マネージング・ディレクター
弁護士

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

 

OWL香港 マネージング・ディレクター
弁護士

東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経営大学院修了(MBA)
米系法律事務所(Sidley Austin法律事務所)の東京オフィス・香港オフィスで勤務。日系大手法律事務所(TMI 総合法律事務所)所属中、香港の C.P.Lin 法律事務所に駐在。2018年より現職。主として日本企業や日本の富裕層向けに、日本の税法等の法令を踏まえつつ香港の税制上のメリットを生かすよう、アドバイスを提供している。

著者紹介

OWL香港は、香港を含むアジアで既にビジネスを展開している企業経営者、これからアジア展開をしていきたい企業経営者、香港で暮らしていきたい方々に対し、香港及び中国本土における会社設立・管理、会計業務受託、ビザ取得コンサルティング他、各種ビジネスの支援を行う。

以下のインベストメントバンク出身者・弁護士が取締役を務める。

本名 正博 氏  マネージング・ディレクター
東京大学教養学部卒業
野村證券及び米大手投資銀行ゴールドマン・サックスにて、日本、香港、中国における企業の上場実務、M&Aを経験。企業オーナー、投資家に対して、国境を超えたタックスメリットのあるストラクチャー構築を支援。 2015年、OWL Hong Kong Limitedを設立し、富裕層・企業オーナー向けに、香港・東南アジアを活用したタックスメリットのあるストラクチャー構築を支援している。

小峰 孝史 氏  マネージング・ディレクター・弁護士
東京大学法学部卒業、オックスフォード大学経営大学院修了(MBA)
米系法律事務所(Sidley Austin法律事務所)の東京オフィス・香港オフィスで勤務。日系大手法律事務所(TMI 総合法律事務所)所属中、香港の C.P.Lin 法律事務所に駐在。2018年より現職。主として日本企業や日本の富裕層向けに、日本の税法等の法令を踏まえつつ香港の税制上のメリットを生かすよう、アドバイスを提供している。

http://www.owlhongkong.com/

著者紹介

連載富裕層向け海外移住サポートの専門家&弁護士が香港から解説!現地の最新投資事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧