夫が外に子どもを作ってしまった…別れるべきか否か?

今回はご主人が以前、別の女性と過ちを犯してしまったことがあるという女性からの相談です。本人も深く反省し、関係を断ち切ったことから、離婚に至りませんでした。しかし、その時の女性との間に子どもができたと連絡があり、ご主人から「その人との子を認知したい」と言われたそうです。悩む相談者に、世田谷用賀法律事務所の代表者、弁護士の水谷江利氏は、どのようにお答えするのでしょうか?

 

法律で解決できること=人生においてハッピーエンドか」

 

必ずしも、そう言い切れないのが世の常です。権利を獲得し、お金で解決することができたとしても、それが結果、長い目で見たときに良かったかどうか…。

 

渦中にいると、じつは見えにくいものです。水谷弁護士がクライアントから相談を受けている際、よくある法律相談の中から、「法律外」の話を取り上げます。

夫が外に子どもを作ってしまった…

■相談内容


主人が以前、別の女性と過ちを犯してしまったことがありました。本人も深く反省し、関係は断ち切ったそうなので、離婚には至りませんでした。私との関係も戻ってます。

 

しかし、その時の人との間に子どもができたと連絡があり、主人も「せっかくの命だから、産んで欲しい」と、その人との子を認知したいと言われました。

 

主人のことは愛していますが、もう私には理解できません。どうしたらよいでしょうか?

 

■水谷弁護士の考え

 

ご主人は両方を傷つけたくなくて、両方を傷つけてしまう、しかも本人はその認識がなくて、いちばん困るタイプだと思います。結局のところ、自分がいちばん傷つきたくないのです。

 

ひと昔前は、家庭の外に子どもがいる男性はいくらでもいました。

 

でも、これは大前提に、お金と覚悟があって成立する話です。「正妻をいちばん大事にしている」という潔さが大事で、外の家庭にはしっかりとお金だけは出し、正妻の家族を大切にしてくればそれで良いのですから。

次の人生に歩み出したほうがよい

しかし、今回のようにウェットな感じだと、難しいと思います。実際に両方養えるだけのお金がないと、ただ単に振り回されるだけです。

 

気持ちの面でもスッパリ切れなくて「病気だからどうの」「子どもが会いたがっているから」「進学にお金が必要で」何かにつけて、ご主人は振り回されてしまうでしょう。その都度、あなたはひとり、悶々とするでしょう。「今、会いに行ってるな」「家計からいくら出ているな」と。

 

見切りをつけて、次の人生に歩み出したほうがよい
見切りをつけて、次の人生に歩み出したほうがよい

 

そうなるのであれば、あなたからご主人見切りをつけて、次の人生に歩み出したほうが私はよいと思います。法律の構造的にはご主人からの離婚請求はできません。

 

あなたに決定権があるのです。あなたが、これからの人生、悶々とした気持ちを抱えたまま過ごすのか、自分で新たに切り開いていくのか。権利を行使するかどうか、あなたしだいです。

 

水谷 江利

世田谷用賀法律事務所 弁護士

世田谷用賀法律事務所 代表 弁護士

東京都立大学卒業後、新卒で大手弁護士事務所に入社、渉外企業法務を志して弁護士に。「もっと人の人生の近くで仕事がしたい」との思いから、2015年世田谷用賀法律事務所を開所。現在は個人の相続、離婚、不動産を中心に、国際離婚や企業顧問なども多く取り扱う。英語対応可能。東京弁護士会所属。東京都世田谷区所在。 https://setayoga.jp/aboutus.html

著者紹介

連載世田谷の家事弁護士が監修!実例では描けない相続&離婚ショートストーリー

本連載は、「世田谷用賀法律事務所」掲載の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧