銀行の「金利キャンペーン」で注意すべきポイントとは?

2019年9月、国税庁により「民間給与実態統計調査」の結果が発表されました。本調査によると、サラリーマンの平均年収は441万円とのことです。年金問題をはじめ、少子高齢化による働き手不足など、老後不安につながる問題が尽きないですが、この年収のなかから資産を形成していくしかありません。資産形成手段の検討には、金融リテラシーの向上が不可欠です。今回は、「金利の種類」について見ていきましょう。

収益率が「利回り」や「利率」で表記されていることが

◆金利の高い銀行を探すときの注意点

 

銀行のキャンペーンなどで、金融商品の収益率が「利回り」または「利率」で表記されていることがあります。同じような気がしますが、微妙に違いますので、まずはそこを理解しておきましょう。

 

◆「利回り」と「利率」の違い

 

●利回り:年平均の収益率を指す用語

 

●利率(表面利率ともいう):年あたりの利子率を表す用語

 

肝心なのは、利率で表記されていると、年間平均での収益率と勘違いをしてしまって、「お得だと勘違いしてしまう」ことがある、ということです。

 

比較する際には、年平均の利回りにして比べるようにするといいかと思います。

 

比較する際には、年平均の利回りにして比べる
比較する際には、年平均の利回りにして比べる

金利とは「お金のレンタル料金」?

◆そもそも金利とは?

 

では、金利について見ていきましょう。

 

ザックリいうと、金利とは、お金のレンタル料金(みたいなもの)です。

 

例えば、レンタルショップであなたが「音楽のCD」を借りたとします。レンタル料金が一泊二日で100円なら、それがそのCDの金利(レンタル料金)ですね。

 

そして、あなたが銀行などで「お金100円」を借りたとします。レンタル料金が1年で「1円」なら、そのお金の金利(レンタル料金)は1%ですね。

 

もちろん、正確にはレンタル料金ではありませんが、イメージとしてはわかりやすいかと思います。

 

◆6種類の金利

 

それでは、6種類の金利を見てみましょう。

 

●固定金利:金利が運用期間の最後まで同じものが続く

●変動金利:一定期間ごとに、金利が見直される(金融情勢による)

●単利:もともとのお金にたいしてのみ利息が発生する

●複利:もともとのお金+「増えたお金」にも利息が発生する

●利払型:利息が一定期間ごとに支払われる

●満期一括受け取り型:満期に一括でもともとのお金と増えたお金が支払われる

 

いろいろな種類がありますが、基本を覚えておくとよいかと思います。

 

◆まとめ どれがいいの?

 

一概に、どれがベスト!とはいえませんが、現在のように低金利の時代では、変動金利が有利だといわれます。また、お金を増やすなら、単利より、複利のほうが有利です。長期なら特に。

 

そして、受け取り方法は、一定期間ごとに受け取ると税金がその都度かかり、複利効果が減りますので満期一括受け取り型が有利になるでしょう。
 

 

佐々木 裕平

金融教育研究所 代表

 

金融教育研究所 代表

1979年生まれ、広島市出身、2013年より金融教育研究所代表(旧名:佐々木FP事務所)

書籍の執筆・個別相談・公開講座(セミナー)を中心に、金融教育を推進中。金融・保険商品の販売・勧誘・斡旋は行っておらず、中立公正な立場から金融教育に努める。定期的に公開講座を開催中。
公開講座ではiDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてニーサを使用した資産形成の普及啓もう活動を行う。

所属学会・協会:行動経済学会/日本FP協会/金融財政事象研究会

著書に「入門 お金持ち生活のつくり方」(こう書房)、「ストレスゼロの絶対貯金」(青月社)、「学校では教えない! お金を増やす授業」(ぱる出版)がある。

著者紹介

連載1級FP技能士が伝授!賢い個人投資家になるための「正しい金融リテラシー」

本連載は、「金融教育研究所」掲載の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧