スリランカのホテルは魅力的な投資対象となり得るのか?

スリランカを訪れたいと考える旅行者は多い一方で、そのチャンスを活かしきれていないスリランカ。観光産業の発展のために、どのような改善をすれば、より多くの投資を集めることができるのでしょうか。スリランカのツーリズム専門家であるShaun Mann氏のインタビュー記事をお届けします。

「体験型」観光を求める消費者の増加

――スリランカに訪れる観光客は以前にも増して、体験型の観光を求めるようになっています。スリランカはお金を多く落としてくれるこのタイプの旅行者に何を提供できるでしょうか?

まず注意したいのが、体験型観光を目的とした旅行者全員が必ずしもお金を多く落とすわけではありません。一般的にバックパッカーたちも体験型観光を望んでいますが、彼らの多くは多額のお金を費やすわけではありません。スリランカには体験型観光を求める旅行者に提供できるものが山のようにありますが、先述の通り、より品質の高いパッケージと体験の創出が求められているのです。

 

――あなたから見て、投資家はどんな過ちを犯しているのでしょうか?

 

新しい投資家たちはサービス・デリバリーの質に対し十分に注目していません。スリランカを訪れたいという需要は強くあるにもかかわらず、多くのホテルでは投資に対するリターンの面で魅力が不足しています。

旅行代理店依存からの脱却が課題

では、投資家に対してよりよい還元を行うためには、どんなことが出来るのでしょうか?一般的に、ホテル投資におけるROIが影響を受ける変数は4つあるとされます。それは、建設費、運営費、稼働率、そして宿泊費です。

 

そう考えると、ホテルというのは世界的に見ても、長期的な投資対象であり、スリランカでもそれは同じです。しかしスリランカで特徴的なのは、資本コストが高く、負債コストが潜在的な利益の多くを占めてしまう点です。稼働率は通常、三ツ星や五つ星ホテルでは高いですが、継続的に高い宿泊料を維持することは難しいです。

 

スリランカへの外国人旅行者の大半は、国際的な旅行代理店を経由してやってきます。これらの大企業はスリランカのような小さなマーケットでは強力な購買力を持ち、ホテルの部屋をまとめて安く押さえることをします。その結果、スリランカのホテルは稼働率が高い一方で、単価が低く抑えられているのです。

 

これに対する戦略の一つは、ウェブ上での販売を強化することで、旅行代理店に依存せずに集客をすることです。もう一つは、国際的なブランドと提携することです。国際的なブランドは高めの基本料金を設定する傾向があり、また世界的な流通チャネルを通じて、より大きなマーケットとの接点を持っています。しかしこの場合、投資家たちはそれらのブランドへのフィーを考慮する必要があります。


最終回は、スリランカの観光産業の今後の課題についてご説明します。

あなたにオススメのセミナー

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

連載スリランカの観光立国化に向けての長期展望

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2016年2月に掲載した記事「THE LONG VIEW ON TOURISM」を、翻訳・編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧