米ナスダック、暗号資産のインデックス「CIX100」を公開

世界No.2の証券取引所ナスダックが、AIを活用して出来高詐称などの問題を取り除いた新たな暗号資産インデックス「CIX100」を公開した。

ナスダックで100通貨のインデックスを提供

世界No.2の証券取引所ナスダックが、AIを活用して出来高詐称などの問題を取り除いた新たな暗号資産インデックス「CIX100」を公開した。提供元のCryptoindex社が報道向けプレスリリースで明かした。

 

このインデックスは、Cryptoindexにリスト入りした上位200銘柄のうち、出来高の詐称などの問題を取り除いて算出された出来高上位100銘柄を対象にした指数だ。経験の浅い投資家からプロトレーダーまでを利用対象者として見込んでいる。

 

選定された100の組成銘柄は、AIを活用して「偽の出来高」を除くほか、200以上の要素を踏まえて査定、信頼性の高い暗号資産データの提供を行う。選定基準には、9つの暗号資産取引所から取得した出来高データに加え、ニュースやSNSの投稿データをもとにした銘柄分析などがあるという。毎月上位100の銘柄をリバランス(再調整)することで、最新の市場に沿った上位銘柄で構築されるインデックスを目指す。

 

また、CryptoindexのAI分析は暗号資産価格の予想も行なっており、「日平均82%の勝率」を記録しているとした。

 

ナスダックは今年9月、分散型金融(DeFi)に特化した新たな暗号資産インデックスも追加。Augur(REP)やMakerDAO(MKR)やその他プロジェクトのリアルタイムな情報を提供している。

 

また、ニュージーランドを拠点とするブロックチェーンデータ・リサーチ企業のBrave New Coinと提携、ビットコイン(BTC)、イーサリム(ETH)、リップル(XRP)のインデックスを提供するなど、暗号資産関連インデックスの提供も積極的に行なっている。

 

参考:cryptobriefin――NASDAQ Lists Cryptoindex.com’s AI-Powered CIX100 Index

 

※本記事は、2019年10月16日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧