世界銀行「ブロックチェーン債券」発行、総計115億円相当に

世界銀行が、イーサリアムのブロックチェーンを活用し、2回目の起債を実施。今後は、決済やカストディサービス等の効率性向上にもブロックチェーンを利用し、機能を拡大していくことを目指している。

ブロックチェーン上で債券発行

世界銀行(World Bank)が、世界初のブロックチェーン債券として注目を集めた「bond-i」の、2回目の起債を実施。調達額は昨年分との合計で1億6000万豪ドル(約115億円)に達した。

 

「bond-i」は、豪コモンウェルス銀行(CBA)が管理するイーサリアムブロックチェーンを利用して発行・管理される債券だ。本ブロックチェーンの構造やセキュリティなどのチェックは米マイクロソフト社が行っている。

 

1回目は昨年8月に起債され、極貧国における自動化金融システムの効率を向上させるために活用された。

 

今回の債券発行で、世界銀行は5000万豪ドル(約36億円)の資金調達に成功、調達額は昨年分との合計で1億6000万豪ドル(約115億円)に上った。債券の販売管理には、金融企業であるRBC Capital MarketsとTD Securitiesが協力した。

 

世界銀行のファンド部門のトップAndrea Dore氏は、「投資家を初めとするパートナーから継続して強力なサポートを提供してもらえることを嬉しく思う」と満足感を示したという。

 

また「資本市場における世界銀行の手法や経験は、各国でデジタル化を推進するために重要な鍵となる。経済での生産性を高め、持続可能な開発目標に向けて加速することができる」と語っている。

 

CBAのブロックチェーン・AI部門のトップSophie Gilder氏は、同じブロックチェーン上で今回も債券を発行できたことを「確かな技術の証明」と表現し、今後は決済やカストディサービス、また規制順守の効率性向上にブロックチェーンを活用していきたいと意欲を見せている。

 

RBC Capital Marketsの債券市場管理部門のトップJigme Shingsar氏は、ブロックチェーン技術について以下のように語っている。

 

まだブロックチェーンは新しい技術だが、我々はこの技術が金融サービスを一変させるポテンシャルを持っていると信じている。透明性や効率性の飛躍的な向上につながるはずだ。

 

※本記事は、2019年8月20日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧