副業解禁で「年収800万円以上の正社員」が勝ち組になるワケ

「働き方改革」により、副業の役割に改めて注目が集まっている。年功序列や終身雇用が保証されない昨今、多くのサラリーマンが副業を検討している。そのなか、アパート経営こそが「堅実な副業」になり得ると言うのが、株式会社アイケンジャパンの代表取締役・中島厚己氏である。自身もオーナーとして20年超のアパート経営歴をもつ同氏が、経営者・オーナー・賃貸ショップ・管理会社それぞれの目線から見た「堅実なアパート経営」について解説する。本記事では、アパート経営を始めるための「最低条件」を見ていく。

アパート経営をするための「最低条件」とは?

弊社の女性社員が、仕事について友達と話していたときのこと。

 

「アパート経営なんて、超お金持ちにしかできないと思ってた」

 

と言われたそうです。意外と皆がそういう認識なんだ、とびっくりしたという話を私にしてくれました。

 

そうなのかもしれません。普通に生活をしていれば、アパート経営をするという発想すらないでしょうし、もし頭をかすめても、「どうせお金持ちのすること」となるのでしょう。

 

実は、アパート経営をするためのハードルは、最低条件として、サラリーマンであれば、勤続3年以上、年収800万円以上、自己資金は価格の10~20%。自営業者様であれば、3期連続黒字決算、自己資金は同じく価格の10~20%というところでしょうか(※地域や金融機関によって異なります)。

 

この条件を高いと見るか、低いと見るかは人それぞれでしょうが、冒頭の「超お金持ち」じゃなくてもできると考えれば、低いのではないかと思います。

 

 

アパート投資の良いところはなんといっても、普段の生活を変えることなく、資産を増やすことができる点です。株やFXなどのように時間を取られることもなければ、複雑な知識の習得に日夜励む必要もありません。

 

建物や入退去の管理を管理会社に任せた場合に限りますが、日常的にやらなければいけないことは何もないため、日頃は、その存在を忘れることができます。しかし、家賃は毎月きちんと入ってきます。

 

株式投資の場合、やりようによっては大きな利益を見込むことができますが、そのためには、何時間もパソコンやスマホの画面にはりついている必要があります。大切な時間を画面の前で過ごすことに費やし、微細な値動きに神経をすり減らし、株価の上下に一喜一憂する日々を過ごしている方も少なくないでしょう。一晩で何百万も失うかもしれないリスクを抱えることになるため、心のどこかにある不安感を常にぬぐえません。

 

アパート投資に、株式投資のような大きな利益は見込めません。しかしその分、安定と安心が期待できます。特に忙しい方にこそ、お勧めしたいのがアパート経営です。

サラリーマンが「勝ち組」になる時代

皆様にお勧めしていますが、特に大企業にお勤めの方はぜひ一度真剣にご検討ください。先日お会いした東証1部上場企業にお勤めのオーナー様が、このようにおっしゃっていました。

 

「どうして多くのサラリーマンは、せっかく大企業で働いているのに、その属性を使ってアパート経営を始めようと思わないのか不思議でなりません。会社から使われっぱなしでは、割に合わないと思うんですよね。年功序列も、終身雇用も何も保証されていない以上、いつ肩を叩かれるかわからない時代ですから、そうなる前に、自分の身は自分で守らなければなりません。大企業に勤めている看板を使って融資を簡単に引っ張ることができ、日常は、始める前と何も変わらないアパート経営こそ、もってこいの副業だと思うんですよ」

 

 

「確かにそうですよね。ですが日本人は、他人の目を気にする人が多いから、躊躇する人もいるんじゃないですかね」と私。

 

「そんなこと関係ないと思うんですけどね。私は全然、気にもかけません。もったいないじゃないですか、良い看板があるのに使わなきゃ。使われるだけじゃ、やってられませんよ」

 

サラリーマンが「勝ち組」になる時代
サラリーマンが「勝ち組」になる時代

 

空室をつくらず、しっかりと経営を回せていれば、毎月確実に10万円以上の収益が見込めますので、もし将来仕事を辞めてしまったときに、アパートの存在を頼もしく感じるはずです。また、それを3~4棟所有していれば、気持ちに余裕も生まれます。

 

融資引き締めの状況が続く厳しい時代だからこそ、属性の高いサラリーマンが「勝ち組」となっていくのです。この流れに乗り遅れないようにしましょう。

 

 

中島 厚己

株式会社アイケンジャパン 代表取締役

 

株式会社アイケンジャパン 代表取締役

昭和40年、大分県生まれ。アパート経営歴18年、4棟経営中。1985年賃貸会社に入社。仲介業の立場から業界の経験を積む。
1997年アパート販売会社に入社。建築企画のノウハウを蓄積する。経営者・オーナー・賃貸ショップ・管理会社それぞれの視点からアパート投資をみた結果、「堅実なアパート経営」こそ成功への近道だと確信。
2006年に(株)アイケンホームを設立、2014年に(株)アイケンジャパンに商号変更し現在に至るまで、変わらぬ姿勢で堅実なアパート経営を提案し続けている。
これまでに750棟以上のアパートを販売。
創業以来、年間平均入居率99%以上を維持しているアパートは、成功オーナーを輩出し続け、オーナーから厚い信頼を得ている。

著者紹介

連載副業の中の本業に!?先行きが見えない時代だからこそ始める「堅実なアパート経営」

本連載は、2016年11月30日刊行の書籍『新築アパート経営こそ副業の中の本業 成功の秘訣55』から抜粋し、最新の情報に再編集したものです。

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

新築アパート経営こそ 副業の中の本業 成功の秘訣55

中島 厚己

幻冬舎メディアコンサルティング

本書は、アパート経営で、「毎月安定した収入を得ながら資産形成ができる」というノウハウが満載。なぜ、そんなことが可能なのか? 入居率99%のアパート経営を提案し続けて10年の実績を持つ著者が、入居者が入り続けるエリアを…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧