「オタクコイン協会」が一般社団法人化…暗号資産の発展に期待

オタクコイン協会が一般社団法人を設立した。オタクコインはオタクカルチャーのためのコミュニティ通貨で、アニメなどのコンテンツにおける暗号資産などの活用に期待。

オタクコイン協会が一般社団法人化

7月31日に、オタクコイン協会が正式に一般社団法人を設立したことが発表された。

 

協会の理事には、小学館の専務取締役・相賀信宏氏、アニメ制作スタジオWIT STUDIO創業者兼取締役・中武哲也氏などが就任する。

 

オタクコイン協会は日本のアニメ、ゲーム、漫画といったカルチャーのコミュニティ通貨としてファンとクリエイターとつなげ、オタクカルチャーのさらなる発展を目指し運営されている。

 

今回の一般社団法人設立のほか、現在はプロジェクトロードマップの第一形態として、アニメ記事を翻訳すると報酬を受け取れるサービス「Tokyo Honyaku Quest」の実証実験などをスタートさせている。今後はオタク文化のための資金調達プラットフォーム「SPRIT VOTE(仮)」のローンチなどをロードマップに掲げている。

 

オタクコイン創設メンバーの岡本拓真氏は、今回の事業についてこのように語った。

 

ビジョン実現のため協会という形で世界中のオタク文化に関わる企業様、クリエイター様、オタク文化ファンの皆様と共に、新しい価値観の創造を推進して参ります。

 

アニメ制作スタジオ「WIT STUDIO」は、人気テレビアニメ「進撃の巨人」シリーズや、現在放送中のアニメ「ヴィンランド・サガ」などを手がけていることで知られている。また、アニメ「進撃の巨人」は、ブロックチェーンを使った公式アートワークのデジタル所有権販売が行われたことでも話題となった。

 

※本記事は、2019年7月31日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧