事業成功のカギは「立地」にあり!賢いコインランドリー投資

安定収入・節税効果・片手間管理・長期継続全て叶える魅惑のコインランドリー投資、その成功のカギとは?本記事では『「S級立地戦略」で突き抜ける 賢者のコインランドリー投資』(幻冬舎MC)から一部を抜粋し、あらゆるビジネスの荒波を越え、コインランドリー投資と出会った著者が、その魅力から実際の運営ノウハウ、立地選び、運用例まで解説します。

「スーパーマーケット立地」は良いことだらけ

コインランドリー事業において、成功のカギを握るのは「立地」です。特に近年は、ロードサイドへの出店が過熱しており、中には当初の想定に反して赤字を垂れ流す状況に陥ってしまうこともあるようです。

 

そこでぼくたちが推奨しているのが、スーパーマーケット立地です。いわば、コインランドリーにおける「S級立地戦略」です。

 

スーパーマーケット立地とは、スーパーマーケットやショッピングモールの一角にコインランドリーを出店するというものです。

 

具体的には、スーパーマーケットの敷地内で、駐車スペース5、6台分の土地を借りて店舗用の建物を建てます。すでにある建物の一部を借りて、テナントとして入ることもあります。

 

「そんなことが可能なのか?」と思われるかもしれませんが、ぼくたちはこれまでの経験とノウハウ、そして様々なネットワークでそれを実現しています。

 

本記事では「スーパーマーケット立地」の魅力とその仕組みについてご紹介しましょう。そもそもコインランドリーの立地は、以前は銭湯の隣などでしたが、その後、郊外型コインランドリーが主流になると、幹線道路沿い(ロードサイド)で駐車場を備えている立地に変わりました。

 

しかし、最近はロードサイド立地も飽和状態になってきています。そこでいま注目されているのが、スーパーマーケットやショッピングモールに店舗を構える「スーパーマーケット立地」なのです。

 

コインランドリーの利用時間は、洗濯にはおおむね30分、乾燥はさらに30分かかります。ロードサイド立地では、その間利用者が店内にじっと座っているケースが多いのです。駐車場の車の中でじっと待っている人もよく見かけます。また、住宅地の近くでは、1回家に帰る人も少なくありません。

 

それに対して、スーパーマーケットや複合ショッピングモールならどうでしょうか。コインランドリーで洗濯・乾燥している間に買い物ができます。食料品を買ったり、雑貨や洋服を見ている間に乾燥まで終わっています。

 

また、スーパーマーケットは人の出入りが多く、防犯カメラなども完備されていて盗難やいたずらの可能性は低いでしょう。冬の夕方、暗くなった時間帯に女性が一人でコインランドリーに来ても、スーパーマーケットやショッピングモールであれば、それほど怖く感じないはずです。利用者にとって「スーパーマーケット立地」は良いことだらけといっていいでしょう。

スーパーマーケットに出店するオーナーのメリット

ロードサイドではなく、スーパーマーケットやショッピングモールにテナントとして出店することは、オーナー側にもメリットがあります。

 

まず挙げられるのは、競合他社が出てこないということです。スーパーマーケットはよく、敷地内に他業種を誘致して、集客面での相乗効果を高める戦略をとります。

 

その場合、一業種一店舗が基本です。クリーニングや百円ショップ、ドラッグストアなどがよく大型スーパーマーケットや複合ショッピングモールに出店していますが、同一業種で2社も3社も出ているわけではありません。

 

コインランドリーについても同じです。テナントとして1店誘致すれば、それ以上コインランドリーが出店することはありません。つまり、先に出店すれば競合に対してバリアーをつくることができ、利用客を守ることができます。これが非常に大きなメリットなのです。

 

また、潜在顧客にアプローチしやすいということも大きな魅力です。スーパーマーケットは定期的に新聞の折り込みチラシによる宣伝を行います。そこに、コインランドリーについても費用を負担して掲載してもらうのです。

 

これは非常に効果的です。コインランドリーが単独で折り込みチラシを配っても、ほとんどは手に取ってもらえないままゴミ箱行きでしょう。

 

しかし、スーパーマーケットのチラシは主婦層がよく見るのです。そこにコインランドリーの案内が載っていると、認知される確率がぐんと跳ね上がります。

 

このように利用客、オーナー双方にとって「スーパーマーケット立地」にはメリットがありますが、出店コストについてはロードサイド立地より高くなります。

 

スーパーマーケットに支払う契約金や地代などもありますが、一番の理由は店舗の規模が大きくなるからです。

 

「スーパーマーケット立地」では、想定する利用客数がロードサイドより多いのが一般的です。待たずに利用してもらうため、マシンの設置台数も多めです。また、快適さということで、洗濯と乾燥が一緒にできる洗濯乾燥機を導入することが多く、機器が別々の場合よりマシンの価格が高くなります。

 

こうしたことから、ロードサイドで安さを売りにしているFCチェーンなどでは2000万円以下で出店できるとしていることもあるのに対し、ぼくたちの提案している「スーパーマーケット立地」では、おおむね3500万円から4000万円が初期投資として必要です。

 

よく当社のホームページを見て、コインランドリー事業をやりたいと訪ねてくる個人投資家の方がいます。こういう方は他社のホームページもたくさん見て、説明会に参加したりしています。「あそこの話も聞いた、ここの話も聞いた」というわけです。

 

それはそれで悪くはないのですが、自分の判断基準がないとどうなるか。自分にとって都合の良い話、耳障りの良い情報だけ鵜呑みにしてしまう傾向があるようです。

 

少ない資金で、多くの利用客が見込める立地に店を出し、高い収益を上げられる。そんなうまい話はないはずなのに、ついひっぱられてしまうのです。

 

ぼくたちは他社のことをとやかくいうつもりはありません。しかし、中にはあり得ないような前提条件を積み重ね、夢物語のような説明をしているところもあるようです。

 

「こちらより、あちらのほうが少ない投資資金で、想定利益も多い」とおっしゃるのを聞くと、そんな話を真に受けて大丈夫だろうかと心配になります。

 

昔から「安物買いの銭失い」といいますが、自分の楽観的な願望に合わせて投資やビジネスを考えていては失敗するだけです。きちんとしたロジックのもとに、投資戦略や事業計画を組み立てないといけません。

 

ぼくたちが提案しているスーパーマーケット立地でのコインランドリー事業は、初期投資の金額が決して安くはありません。しかし、安定性や将来性を考慮すれば適正な水準であり、最終的には十分なリターンが見込めると思います。何より、地域一番店になるには、規模も重要な要素です。そのため、初期投資が少なくなるからといって、安易に小規模店を勧めたりはしません。

 

いずれにしろ、ご自分のお金で投資するのです。ご自分の価値観と判断基準で選んでいただければと思います。

日本ランドリーエステート株式会社 ファウンダー

三重県生まれ。27歳で独立。新規事業立ち上げ支援業、輸入貿易商社、エステサロン、経絡整体院など40以上のビジネスをことごとく成功に導いたビジネスデベロッパー。億単位の資産を築いたこともあれば多額の損失をしたこともあるなど、数々のビジネスの荒波を経験した末にコインランドリー経営に出合い、ランドリーオーナーとして国内外を行き来する自由なライフスタイルを手に入れた。現在、柳田氏とともにセミナー等で経営者や投資家にコインランドリー経営を指南している。

豊富なビジネス経験から、“心のワクワク”に裏付けられた「エメラルド・オーシャンビジネス」という新たな起業マインドを打ち出す。ブルー・オーシャン戦略やレッド・オーシャン戦略の彼岸に位置する、個人でも副業でも勝負できるビジネスの領域として大きな注目を集めている。

著書に『エメラルド・オーシャンな働き方』(フォレスト出版)、『起業を成功させる潰れないビジネスの教科書』(KADOKAWA)、『輸入総代理をはじめよう』(技術評論社)がある。

著者紹介

日本ランドリーエステート株式会社 ファウンダー兼CMO(最高マーケティング責任者)

日本ランドリーエステート株式会社ファウンダー兼CMO(最高マーケティング責任者)ほか複数の会社を経営。大学卒業後、オーストラリアでサーフィンを通じた豊かで幸せなライフスタイルに衝撃を受け、世の中に喜ばれる事業と、魂が喜ぶ生き方を両立させるライフスタイルを確立することを決意。ベンチャー企業の営業、出版社を経て2008年に起業。各界のプロフェッショナルと組み「学校では教えてくれないけれど、幸せな人生に必要なライフスキルを得る」教育コンテンツを提供するプロデュースの会社を経営。同時に、複数の事業への出資や国内外の不動産投資などで資産を積み上げる。

2012年プロデュースの事業で石崎氏と出逢い、ランドリービジネスの鮮やかさに触れ、自らもランドリー経営をスタートする。2015年、最高の立地にランドリーを供給できる体制が確立したことで、石崎氏とともに日本ランドリーエステート株式会社を設立、CMOに就任。卓越したマーケティング力とイベントプロデュース力をもって多くの経営者、医師、個人投資家らにコインランドリー経営を紹介し、ゆとりある人生へと導いている。

著書に『世界一ふざけた夢の叶え方』『実践! 世界一ふざけた夢の叶え方』(共にフォレスト出版)

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

「S級立地戦略」で突き抜ける 賢者のコインランドリー投資

「S級立地戦略」で突き抜ける 賢者のコインランドリー投資

石崎 絢一,柳田 厚志

幻冬舎メディアコンサルティング

安定収入・節税効果・片手間管理・長期継続全て叶える魅惑のコインランドリー投資、その成功のカギとは――!? マンション、太陽光、ビットコイン・・・攻めの投資だけでは、あなたの資産は守れない! いかなる時も安定的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧