5月13日~5月19日の「フィリピン株式」市場観測

米有力誌が「最も投資に適した国」と評価したことで、世界の投資家から注目が集まっているフィリピン株式市場。本連載は、「フィリピン株.com」が提供するウィークリーレポートから一部転載し、フィリピン株式市場の最新情報を紹介する。

今週の見通し…7700ペソラインを死守できるか正念場

[図表1]PSEi(フィリピン総合指数)の一目均衡表の分析(図表左下は逆ウオッチ曲線:出来高を横軸、株価を縦軸に取った非時系列チャート)
[図表1]PSEi(フィリピン総合指数)の一目均衡表の分析(図表左下は逆ウオッチ曲線:出来高を横軸、株価を縦軸に取った非時系列チャート)
 

世界同時株安に抗えず急落も、日米に比べ底堅い展開か

先週は米中貿易協議の不透明感台頭から先進国市場が急落。そのあおりを受けたうえにGDP成長率の予想以上の低下もあり、PSE指数はICHIMOKU3本足の基準線、下雲、そしてGate1が重なる7700ペソまで押し込まれた。

 

今週は7700ペソラインを死守できるか否かの正念場となる。万一、このラインを割り込むと7200ペソ近辺までの値幅調整を余儀なくされるので注意深く見守りたい。逆ウオッチ曲線ではまだ底入れの気配がないため、瞬間的に7700ペソを割り込む可能性はあるが、海外市場が落ち着けば戻り足は早いと思われる。その意味では、今週のダレたところは絶好の仕込み場になりそうだ。

今週の注目銘柄/SMC…業績好調で☆☆に格上げも

San Miguel Corporation(SMC)

 

【投資力データ】

San Miguel Corporation (SMC)の投資力データ
San Miguel Corporation (SMC)の投資力データ

 

【銘柄概要】

1889年にEnrique María BarrettoとYcaza y Estebanがスペイン王室の助成金を基にマニラで当時の最新鋭設備を持ったビール鋳造所と氷製造所を開いた老舗の財閥。ビールのブランド力は世界的だが、最近はM&Aにより石油や産業関連のシェア拡大をめざしている。

 

【注目材料】

Holcimフィリピンの発行済み株式の85.73%を21.5億ドルで取得し、セメント事業を強化。

 

【投資戦略】

投資力はPSEI平均並みの460ポイントだが、直近の妥当株価倍率(PVR)は直近で0.32倍で極めて割安になってきた。株価格付けは☆の平均並みだが、業績好調から☆☆に格上げの可能性大。

 

フィリピン株.com 編集長

1952年⽣まれ。⽇本⼤学理⼯学部卒業。株式・⾦融専⾨誌の編集者を経て、株式・⾦融関係に強いジャーナリスト兼⾦融プログラマーとして活躍。コンピューターを駆使した独⾃の株価分析・企業分析とやさしい解説には定評がある。親族にフィリピン⼈が多く本物のフィリピン市場を知る貴重な存在でもある。
「フィリピン株.com」→http://xn--dck4eb9f0b0071d.com/

著者紹介

連載フィリピン株.com「Weekly Report」

本記事はGLB.inc (以下「当社」)が情報提供のみを目的として作成したものであり、投資の推奨を行うものではありません。また、提供する情報は当社が信頼に値すると判断したものを採用しておりますが、その正確性を保証するものではありません。また、これらを基にしたお取引及びその結果について当社は一切の責任を負いません。本データは将来の利益や結果を約束するものではありません。売買の最終判断はご自身の判断でお願い致します。また、本システムは事前の告知および予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。