社員を増やし、好きなように働かせる会社の「真の狙い」とは?

今回は、「社員が好きなように働く会社」として評価されている筆者の会社が、人員を増やすことで享受しているビジネス上のメリットを見ていきます。※戦後最長の好景気が継続する一方、企業の人手不足・後継者不足は深刻です。また、中小企業にとっては、政府が打ち出した「働き方改革」「ワーク・ライフ・バランス」への対応も、頭の痛い問題です。政策を順守しつつ人材を確保し、企業の業績を上げ続けるにはどうすればいいのでしょうか。本連載では、勤務形態その他について「社員が好きなように働ける会社」を実現し、グループ全体で200人規模ながら、求人に年間600人近い応募が寄せられる人気企業の代表が、その極意を伝授します。

社員が多ければ「多様な働き方」の選択肢を増やせる

社内にはそれぞれの働き方、経験やスキル、頑張りなどを客観的に評価する「職級表」を整備しています。それをもとに上司が部下に説明して、昇進・昇給を目指すのか、それとも自分の生活を優先して働くのか、選んでもらうのです。

 

自身の働き方の価値観に合わせて、「残業はせず、休日出勤もしない」社員は、待遇に差は出ますが、だからといって社内で肩身が狭い思いをするといったことはありません。それはひとつの選択であり、役割であり、そのポジションで頑張ってもらえばそれでいいのです。

 

昇進・昇給したくない人はそれでいいですし、逆に昇進・昇給したい人にはキャリアの道筋を提示しています。

 

[図表1]会社の方向性と個人の価値観の関係
[図表1]会社の方向性と個人の価値観の関係

 

このように、いろいろな社員の事情に応じて業務を調整するためには、社員は多いほうが都合がよいといえます。

 

会社の方向性と各社員の価値観が必ずしも一致しなくても、社員がたくさんいて、それぞれの価値観の総和が会社の方向性と合致していれば問題ありません。ですから、私たちの会社では常に「増員」ということを経営の最優先課題に掲げています。人が多ければそれだけ現場に応じて柔軟に人員配置ができるからです。

 

また、人が多ければ受注量を増やし、売上を伸ばしていけます。コスト管理を徹底しているので、自然に増益になります。

 

これが私たちの会社が掲げる「増員・増収・増益」という成長サイクルの根本にある、最も重要なポイントです。

日報システムで全社内の仕事を「見える化」

社員それぞれに柔軟な働き方を認めるためには、社員それぞれの状況をきちんと把握しておく必要があります。そこで私たちの会社では、20年近く前から社員一人ひとりについて、午前と午後、2時間単位でどのような業務を行ったのか一定の工番から選び、また早朝残業や通常残業、深夜残業などの時間を30分刻みで書き込んだ日報を提出してもらうようにしています。

 

「日報システム」の大きな目的は、部署別・現場別・社員別に日々の業務内容とコストを把握し、成果と照らし合わせて評価するということです。

 

部署別であれば、どこの部署がどれだけの社員と人件費を使って、どのような業務を行い、その成果はどうなのか。現場別であれば、どこの現場で何人の社員がどんな作業に関わっており、どれくらいの利益が見込めるのか。社員別であれば、各人がどの現場のどの作業にどれくらいの時間を割いているのか、などが具体的なデータとして確認できます。

 

[図表2]「日報システム」のイメージ
[図表2]「日報システム」のイメージ

 

「日報システム」は当初、別に専用ソフトを使うわけでもなく、手書きのシートを集めてエクセルに入力する程度でした。でも、その効果は絶大でした。1カ月ごと、半年ごと、1年ごとにデータを集約すると、会社全体の状況が手に取るように分かります。それを踏まえて、どこをどのように改善すればいいのかが自然に見えてくるのです。

 

また、どうしても会社全体で経費削減が必要になったときは、一律削減するのではなく、必要性の低い作業や時間短縮が可能な作業などを洗い出し、メリハリをつけた対策をとることができます。

 

なお、こうしたデータを把握しているのは各現場や部門の責任者であり、一般の社員には特に知らせていません。時間単位で働いている人と、成果主義で働いている人は明確に分けており、時間で働いている人に、「なんでこんなに時間がかかるんだ」「なんでそんなに遅いんだ」と言うのはダメだと考えています。業務の効率化に責任を負うのは数字(財布)を預かっている現場や部門の責任者であり、彼らが誰をどの現場に、どのように配置するか考え、業務のやり方についての指示も出します。

 

ただ、時間で働く一般社員も毎日、2時間単位で業務を報告するので、自然と気づきや緊張感が生まれるということはあると思います。

 


瀬古 恭裕
株式会社鈴鹿 代表取締役 

 

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社鈴鹿 代表取締役

1970年生まれ。高校時代に水泳で活躍し、スポーツ特待生としてトヨタ車体株式会社に入社。実業団選手として活躍するも、現役引退後に将来の不安を感じ退社。その後、いくつかの会社を経て、職人の人間味あふれる人柄や電気技術の深さに魅了され電気職人の世界に入る。職人として親方の元で5年間修行し、1995年に瀬古電設(現・株式会社鈴鹿)を創業。
現在は事業の主幹である電気工事以外にもさまざまな事業を行っており、グループ会社8社を束ねる。どんな大不況や自然災害が訪れようとも最後まで生き残れることを目指した会社づくりを行っている。いつまでも挑戦を忘れない実直な姿勢と、その人間味あふれる人柄から、社員・取引先から愛されている。
趣味は釣り、旅行、トレーニング。座右の銘は「人間万事塞翁が馬」

著者紹介

連載週1出社OK、取締役は立候補制!…社員の自由を尊重して業績を伸ばす会社経営のメソッド

社員が好きなように働く会社

社員が好きなように働く会社

瀬古 恭裕

幻冬舎メディアコンサルティング

「働き方改革」「ワークライフバランス」を20年前から実践 創業以来、増員・増収・増益を続ける組織づくりのノウハウを解説! 「終身雇用」「年功序列」など、いわゆる「日本型経営システム」は、かつての日本の大量生産大…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧