▲トップへ戻る
資産100億円を作る!~「100億円の金持ち」の心

今回は、「100億円の金持ちの心」について見ていきます。※本連載では、「賃貸経営」を中心に資産を形成していくための実践的な考え方やノウハウを、自らも家賃収入6億円のオーナーでもある、アサヒグローバル株式会社、ゴールドトラスト株式会社、ゴールドエイジ株式会社取締役会長・久保川議道氏が解説します。

 「100億円」なんてどうでもよくなる悲惨な現実⁉

まず第一に、もしあなたに『100億円の財産』があったと仮定してお考えください。

 

『それはいいねー』とは喜べないのです・・・。私のセミナーでも『外国人のAさん』『日本人のBさん』『日本人のCさん』の比較計算をすると皆さんがびっくりされますね。恐ろしい計算です。

 

Aさんは外国人ですから、日本人と比べて税金がほとんどありません(利息の課税ゼロ、相続税ゼロ、固都税ゼロ、所得の課税10%〜20%)。100億円の現金を世界では常識の8%複利で運用すれば簡単ですね。30年後には『1,010億円』になります。

 

さてBさんは日本人ですから100億円の現金を持っていても利息0.02%では、30年先も100億円は100億円です。そして相続が発生すると55%の税金ですから、2代目で『45億円』、3代目だと『20億円』の財産になってしまいます。

 

さてCさんは100億円の財産を『土地』でお持ちの場合です(日本人の7割は土地資産です)。これはもう悲惨というか、絶望的というか、メチャメチャですね。固都税が毎年1.7%(1.4%+0.3%)かかりますから毎年の税金支払いが1.7億円、10年で17億円です。この17億円の税金を支払うためには23億円分の土地を売るしか方法がありません(17億円×1.2倍=20億円+譲渡益税3億円=23億円(1.2倍の意味はお願いして買ってもらう時は2割は値引きしないと売れないからです))。

 

これが30年間続くと100億円-23億円-23億円-23億円=『31億円』になってしまいます。そして相続が発生すると、31億円×55%=17億円の相続税。これを払うためにまた23億円の土地を売りますから31億円-23億円=『8億円』。100億円が『8億円』になってしまいました。

 

お分かりでしょうか・・・? これが日本人である私たちの第一の『100億円の金持ちの心』なのです。酷いというか、残念というか。もう日本人やめますか・・・ですよね。もうこうなれば『100億円』なんてどうでもいい話です。どうせ無くなるのなら、最初から無い方が精神衛生上もいいですし、悩みも苦しみも挫折感もないのです。それでも皆さんは『100億円』が欲しいのでしょうかね・・・?

 

「楽しいお金持ちの心」を持つための方法

第二の『100億円の金持ちの心』。私の場合はもっと悲惨ですよ。何もない所から40年かけて『100億円』らしき財産を作ったのですから、これが無くなるのであれば一体『私の一生』はなんだったのでしょうね。努力して苦労して死ぬほど頑張ったのに・・・。やり切れない気持ちですね。

 

はい、暗い話ばかりになりましたが、さて第三の『100億円の金持ちの心』とはなんでしょう。もしBさんCさんの税金の苦労がなくて外国人のAさんのような8%複利の安全な投資があれば『100億円』は『楽しいお金持ちの心』なのではないでしょうか。それこそ私がセミナーなどでお話ししている『誰でも簡単に100億円の財産を作る方法』なのです。今100億円のある人でも、今は何もなくても(30年前の私)100億円が30年50年先にできるとしたら、『楽しいお金持ちの心』になれるのではないでしょうか・・・。

 

そのためには所得税ゼロ、相続税ゼロ、消費税ゼロ、固都税6分の1、などを実行しながら、賃貸経営で空室をつくらず、海外不動産で多額の減価償却をしながら、香港やオーストラリアで8%の資産運用をすればいいのです。脱税は絶対にいけませんが、日本にしかない、私の提唱する『日本(人)独自の財産形成』で節税をしながら『100億円』を作る方法があるのです。そして100億円できた後も相続税を払わずに、そのまま2代目に渡せれば楽しいですよね。

 

私は簡単そうにお話ししていますが本当は非常に難しいことばかりです。まずは勉強して知識としてご理解願います。次は実行ですね。しかし普通の人にはできません。知識も根性も実行力も並の人ではできないのです。しかし一度挑戦してみてください。ご協力します。

 

アサヒグローバル株式会社
ゴールドトラスト株式会社
ゴールドエイジ株式会社
AGGホールディングス株式会社 取締役会長

1951年四日市市生まれ。建設関連会社に2年間勤務後、1976年に戸建て住宅や賃貸マンションの建設などを行う、アサヒグローバルを創業。土地を購入し、アパート経営を始める。いまではマンション・サービス付き高齢者向け住宅・戸建て住宅をあわせて約900戸を所有・入居率99%超・家賃収入7億円・総資産120億円(収益還元法による)のカリスマオーナーとして注目を集めている。

著者紹介

連載家賃収入7億円のオーナーが伝授!「資産100億円」を作るための実践ノウハウ

本連載は、久保川議道氏のブログ『会長のひとりごと』から転載したものです。
ブログはこちらから⇒http://kubokawayoshimichi.com/index.html

 

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧