今後も「簡易宿所投資」市場が伸び続ける理由

今回は、今後も「簡易宿所投資」、および民泊市場が伸び続ける理由を見ていきます。※本連載は、全国民泊同業組合連合会 理事・大神麗子氏の著書、『買わない不動産投資 ドル箱 宿泊所』(みらいパブリッシング)より一部を抜粋し、新しい時代の「簡易宿所(かんいしゅくしょ)」投資のための、物件取得の具体的な方法をレクチャーします。

稼げるのは「合法で腰を据えて営業している物件」

インバウンドが増え続けているのはいうまでもありませんから、宿泊施設にはものすごい需要があります。今後はますますゲストニーズの多様化が進み、画一的なビジネスホテルではなく、日本の文化が感じられるような宿で、日本人と同じように生活してみたいというニーズが増えていくことでしょう。

 

ホテルは大昔からありますし、どこの国に行っても同じような作りなので(大手世界チェーンなら尚更です)せっかくであれば日本らしい体験を十二分に味わえる旅行にしたいと思うのは当然のことでしょう。

 

貸切で日本の家を借りてバケーションを楽しむ。そういったことができる小さな宿が、今まで日本にはありませんでした。

 

大手ホテルチェーンは同じようなタイプの部屋を大量に出していくことで効率が上がりますし、今後も一軒家レベルのスモールなことに全力で参入してくることは考えにくいでしょう。

 

そういった意味では、小さな貸切宿のマーケットはまさにブルーオーシャンだと言えます。副業で行う個人レベルだからこそ、小回りがききますし、オリジナリティ溢れる貸切の宿を作っていくことができます。

 

私はこれまで、世の中に民泊があまりない頃から、新規ラッシュでどんどん闇民泊が増えていく過程、逆に今のように赤字で減っていく過程など、一連の流れを身をもって経験してきました。

 

そこでどんな状況でも言えることは、常に稼ぎ続けている一握りの2割ほどの強い物件と、その他大勢8割くらいの「出ては消え」を繰り返している物件層が普遍的にあるということでした。

 

その一握りの2割の物件がどんな物件なのかということですが、結局それは、合法で腰を据えてやっている物件だという答えにたどり着きました。

 

まあ当たり前ですよね。「とりあえず出してダメならやめよっと」という具合で闇民泊と同じように、ホテルさんが考えているわけもないのが証拠でしょう。

 

やはり、正規で旅館業をとってきちんとしたホテルサイトに掲載して安定して稼いでいくこと。これに尽きるなと思います。一度作ってしまえば、あとはあまりやることはありません。

民泊新法成立で5万件の「闇民泊」が全滅に⁉

そんな合法民泊ですが、2017年までは基本的に闇民泊と同じ土俵で戦わなければなりませんでした。

 

しかし、今回民泊新法ができたことで闇民泊は全滅となります。全国5万件総倒れとなります。どう考えても宿は足りなくなりますので、まさに今が、ビックチャンスだと言えます。

 

現状の、全国5万件の闇民泊がある状況でさえも、民泊はやはり儲かります。

 

きちんとしたノウハウを持って運営して入れば、簡単に月に数十万円くらいは稼ぐことができます。にも関わらず、今年この5万件が一気になくなるのです。出遅れたと思っている方に逆転チャンス到来です。こんな逆転劇は普通のビジネスではあまりありえないでしょう。

 

このビックウェーブに出遅れないように、今から一件でも民泊物件を仕込んでおくことをオススメします。

 

まずは自分の自宅で簡単にはじめてみて、毎月、数万円のお小遣いが増えれば、趣味や今まで我慢してきたものを買ったりすることに当てられるかもしれません。

 

いい物件を掴んで毎月20〜30万円の収入が入ってくるようになれば、ちょっとした贅沢をしたり海外旅行に行ったりと、お金にとらわれずに気ラクに過ごして行けることでしょう。

 

どんどん件数を増やして毎月数十万円、数百万円の収入が入ってくるようになれば、もうサラリーマンをリタイアするという選択肢も持てることでしょう。

 

普通の不動産投資や副業でリタイアまで叶えるのはなかなかハードルが高く長い道のりですが、宿泊不動産投資なら現実的に叶えられてしまいます。

 

今この瞬間もインバウンドは増えゆく一方です。政府は訪日観光客数について、2020年には4000万人、さらにオリンピックが終わった10年後である2030年には6000万人を目標に掲げています。国を挙げてお客さんを呼んできてくれるほどの伸びゆくマーケットである上、それは今後もまだまだ続いていくのです。

 

民泊がアツいのはまさにこれからなのです。

 

是非、皆さんも共に、またとないこのビックウェーブに乗って、楽しみながら副収入を得て頂ければ嬉しく思います。

楽待コラムニスト
全国民泊同業組合連合会理事 

宿泊業と不動産投資を掛け合わせた形でビジネスを行い、5年目に至る。学生の頃に自習用のレンタルデスクを借りたことがきっかけで、空間貸しビジネスの可能性に目覚める。就職活動において10社以上の東証一部上場企業から内定を得た後、総合職の営業として勤務し、2014年に独立。楽待コラムニストとして投資の執筆、不動産投資家やサラリーマンに向けた民泊投資アカデミーを主催、民泊の意見表明に関して国に認められた唯一の折衝機関である全国民泊同業組合連合会の理事を務める。SNS上では、多数のフォロワーに向けて自身の投資手法や考え方を公開し、反響を得ている。民泊ビジネスの第一人者として、多数の取材やセミナー講演依頼を受け、その可能性を提唱している。著書に『買わない不動産投資 ドル箱 宿泊所』(みらいパブリッシング)。

著者紹介

連載最短スケジュールをイチから解説!「簡易宿所」投資の始め方

買わない不動産投資 ドル箱 宿泊所

買わない不動産投資 ドル箱 宿泊所

大神 麗子

みらいパブリッシング

合法で民泊を運用すれば、長期に渡って稼ぐことができる上、高利回りが実現できる投資になります。 2018年6月に民泊新法が施工されることが決まり、今非常に注目されています。 「合法民泊」が始められる! これ1冊でOK…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧