株式投資で狙い目となる「知名度がまだ低い小売業」の見つけ方

今回は、「知名度がまだ低い小売業」の見つけ方を取り上げます。※本連載では、株式会社リーブル 代表取締役・坂本彰氏の著書、『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)より一部を抜粋し、「小売お宝株」の魅力を解説していきます。

大型株と比べ「小型株」のリターンは高くなる傾向に

前回の続きです。

 

条件③知名度が低いこと

 

ここで重要な事実をお伝えします。それは、知名度の高い有名企業への投資よりも、聞いたことがないような会社への投資のほうが運用成績は高くなるということです。

 

投資の世界では、過去の膨大なデータを調べてみると、合理的な理由はわからないもののある種の傾向が出てくることがあります。これをアノマリーといいます。代表的なものに「曜日効果」があります。これは、特定の曜日のリターン(上昇率)が他の曜日に比べて、なぜか高いという現象です。アメリカでは金曜日のリターンが高く、月曜日のリターンが低いといわれています。ちなみに日本では、火曜日のリターンが低いという報告があります。

 

このアノマリーのなかで、注目してほしいのが、規模効果(サイズ効果ともいいます)とバリュー株効果というものです。規模効果とは、「企業規模の大きい会社(大型株)よりも、規模の小さい企業(小型株)のほうがリターンは高くなる」傾向のこと、バリュー株効果とは、「低いPERの株式は高いPERの株式に比べてリターンが上がる」傾向のことです。

 

この2つの効果は投資信託などのパフォーマンスを評価する際にもよく用いられていますが、知名度が低く、割安な株を探すことは、規模効果とバリュー株効果の恩恵を受けやすいといえるのです。

 

「利益2倍・株価4倍」の法則が当てはまる条件①〜③をまとめると、あなたが狙うべき株式は、下記図表1の左下の部分になります。

 

[図表1]規模効果とバリュー株効果

まだ全国区ではない「地方で有名なお店」を狙う

では、知名度が低い小売業の見つけ方はどうすればいいのか? これは簡単です。株の知識を持たない友人に会社名を言ってみて、それがどんな会社であるかわかるようであれば有名企業、「何の会社?」と聞き返されるようであれば、これから知名度が上がっていくチャンスがある会社だと判断できます。

 

たとえば、「マクドナルド(2702)の株を持っている」と言ったとしましょう。ほぼ全員が何をしている会社なのかがわかるはずです。しかし、「物語コーポレーション(3097)の株を持っている」と言っても、「あの会社ね」という返事はまず返ってこないでしょう。相手がよほど株にくわしくないかぎり、「それって何をしている会社なの?」と聞き返されるはずです。

 

上場したばかりの小売業の会社は、100店舗以下という場合もあります。この段階では全国区ということは稀で、「地方で有名なお店」という程度です。300店舗ぐらいまで増えてもまだまだ成長余地はあり、500店舗でようやく全国区という感じです。これくらいの規模になるとテレビCMで露出する機会を増やすため、知名度も上がっていきます。そして1000店舗になる頃には、知名度の高い企業へと成長しています。ぜひ、「地方で有名なお店」を狙うように意識をしてみてください。

 

[図表2]会社の成長段階と狙うべきポイント

株式会社リーブル 代表取締役

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの成功と失敗を経験し、株で勝つための独自ルールを作りあげる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年10月に9000万円を突破。定期預金等を合わせた資産は1億円超となっている。
2012年、投資助言・代理を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供するかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。前職はラーメン屋という異色の経歴。
メールマガジン「日本株投資家『坂本彰』公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数約3万人。
『BIG tomorrow』『SPA!』などといった雑誌等のメディアでも紹介多数。著書に、発売3か月で5刷となった『10万円から始める「高配当株」投資術』(あさ出版)などがある。
日本証券アナリスト協会検定会員候補。

著者紹介

連載個人投資家のための「小売お宝株」投資の魅力

本連載は、2016年12月10日刊行の書籍『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「小売お宝株」だけで1億円儲ける法

「小売お宝株」だけで1億円儲ける法

坂本 彰

日本実業出版社

個人投資家が自力で「お宝株」を探しやすいのは、業務内容がわかりやすく、月次データなどが入手しやすい“小売株”です。本書では、会社四季報を効果的に使いながら、著者の独自手法「利益2倍・株価4倍」の法則で、カンタンに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧