任意後見で実現する、貯金も身寄りもない高齢者の入院サポート

今回は、任意後見を活用した、貯金も身寄りもない高齢者の入院サポートについて見ていきます。※本連載は、「一人暮らし高齢者」の見守り支援を行うNPO法人の設立者である大野益通氏の著書『一人暮らしで生きていくための任意後見入門』から一部を抜粋し、任意後見制度を利用した高齢者支援について見ていきます。

身元引き受け人がいない場合、病院への入院は難しい

前回の続きです。

 

Aさんが暮らす町役場の社会福祉士の方から、「市民後見人センターとちぎ」に相談の電話があったのは、そのころでした。

 

「一人暮らしのがん患者Aさんの成年後見人になってほしい。家や土地もあるAさんだが、貯金がなく、入院治療費支払いの見通しが立てられない。病院に受け入れてもらえない。頼れる身寄りもいない。『市民後見人センターとちぎ』の方で、Aさんの支援に入ってもらえないだろうか」

 

入院・治療費の支払いにあてる当座の費用もなく、もし、入院中に亡くなったときの引き取り手がいない場合、それらの保証をおこなう人(身元引き受け人)がいなければ、病院は受け入れてくれません。

 

私(大野)とスタッフは、Aさんが暮らす町にうかがい、地域包括支援センターの担当者と役場の福祉課の方にお会いし、話を伺いました。聞けば、役場を通じて、Aさんの親族に「Aさんの身元保証人になってほしい」と連絡しましたが、断られてしまったこと。Aさんにはごきょうだいもいらしたのですが、高齢のため引き受けることはできないという返事だったこと。

 

私にどんなサポートができるのか、その時点ではわかりませんでした。とるものもとりあえず、病院に駆けつけ、医療ソーシャルワーカーの方に立ち会ってもらい、Aさんと対面しました。

「見守り」という形で後見人を依頼し、入院の手続きへ

私(大野)「体調はいかがですか」

 

Aさん「今年の夏から食欲がおち体重が10㎏減ってしまいました。あまり体調が悪いので病院を受診したところ、検査しなくてはならないが腹部腫瘍の疑いがあるといわれました」

 

私「Aさんご自身の希望をきいておきたいのです。手術や抗がん剤治療を望まれますか?」

 

Aさん「それは望みません。治療に関しては、痛みはできるだけとってほしい。食事も満足にとれないし、入浴も一人ではできません。今はゆっくり病室ですごしたい。よくなったらケアハウスに入りたいな」

 

私「まずは私どもがAさんの『見守り』をさせていただくということでしたら、Aさんが入院する準備をすすめることができます。でないと、必要なものをご自宅に取りに行くことが法的に許されないんです。ですので、私どもがAさんと『継続的見守り契約及び財産管理委任契約』を公正証書で結んだのちに、その受任者として入院の手続きを進めていくことで構いませんか?」

株式会社おおの 代表取締役
えくぼ法人後見人事務所 代表
NPO 法人 市民後見人センターとちぎ 代表理事 

1952年栃木県生まれ。
東京大学市民後見人養成講座を修了。市民後見人として、2006年NPO 法人「市民後見人センターとちぎ」を設立。代表理事をつとめる。
とくに、身寄りのない高齢者、障がい者など社会的弱者の生活サポートなど、地域福祉向上にとりくむ。2016年、おひとり様のための葬儀・永代供養・法要を目的とした「株式会社えくぼ」を設立。
著書に『一万人を見送ったおくりびとの覚書』『任意後見信託ノート』(共に弓立社)。

NPO法人「市民後見人センターとちぎ」
頼れる人・家族が身近にいない高齢者の、日々の見守り、入院・老人施設入所時の身元保証、任意後見による身上監護と財産管理、死後の諸手続きなど種々のサポートを、公正証書にもとづいておこなっている。
ホームページ:http://koken-nin.com/

著者紹介

連載一人暮らしになっても安心!高齢者のための「任意後見入門」

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

大野 益通

弓立社

身寄り・頼れる人がいない「おひとり様」でも、ご本人の思いにそった老後の生活・エンディングを実現することができる。 6人の高齢者のケースから、一人暮らしの高齢者が、施設入所・入院、死後の始末、葬儀・供養を託して、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧