身寄りのない高齢者の入院・・・NPO法人による様々なサポート

今回は、身寄りのない高齢者の入院に際し、市民後見人センターとちぎがさまざまなサポートを行った事例を見ていきます。※本連載は、「一人暮らし高齢者」の見守り支援を行うNPO法人の設立者である大野益通氏の著書『一人暮らしで生きていくための任意後見入門』から一部を抜粋し、任意後見制度を利用した高齢者支援について見ていきます。

本人の承諾を得て「公正証書」を作成

前回の続きです。

 

Aさんは今のところ認知症もなく、判断能力はしっかりあります。「市民後見人センターとちぎ」とAさんとの契約は、委任契約になります。これは公正証書で結びますが、まずもって急がねばならないのは、Aさんの入院です。

 

そこで、「市民後見人センターとちぎ」は、①Aさんが入院するさいの保証人となる。②預貯金がないAさんの当面の入院費用は「市民後見人センターとちぎ」が立て替える。③それと並行して、財産管理委任契約を公正証書で結んだうえで土地家屋・車の売却を担い、Aさんの費用にあてる方向を出したわけです。

 

Aさんの快諾をえて、私たちは公証役場に赴き、公正証書を作成していただきました。晴れて「市民後見人センターとちぎ」がAさんの委任受任者となりました。

 

入院費などについては、Aさんの自宅と土地、車を売却してねん出することも、Aさんと同意書をかわしました。その上で、それらの費用を含め、「市民後見人センターとちぎ」が立て替えることで、病院も役所の福祉課も了承しました。なお、委任契約を結んだAさんから月々2万円の「見守り費用」をいただくことになっていることも明記しておきます。

連帯保証人になったNPO法人が、入院費を支払い

大学病院で検査を受けたAさん、結果は、やはり末期の悪性リンパ腫でした。病室で、医師の先生から告知を受けました。ご本人の希望と医師らのすすめで、高齢であるAさんは、自らの意思で個室ホスピスのある病院に再入院し、緩和ケアを受けることを選びました。

 

入院誓約書には「市民後見人センターとちぎ」がAさんの連帯保証人となり、入院治療費の支払い、「もしも」のことを誓約しました。「もしも」の内容はAさんが旅立ちを迎えた時、ご遺体を引き取ることです。

 

誓約後は、すぐに入院の準備です。着替えや洗面具、タオル。ふだん使いなれている持ち物などをAさんにうかがって、「市民後見人センターとちぎ」のスタッフが準備します。

 

病院で検査入院を終えたあと、個室ホスピスのある病院に戻り、緩和ケアを受け始めて2週間。「市民後見人センターとちぎ」とAさんは公正証書によって、「継続的見守り及び財産管理委任契約」「任意後見契約」(移行型)「尊厳死宣言書」「死後事務委任契約」「遺言公正証書」を結びました。

 

精神的に落ち着いたためか、Aさんは少し元気になり、食欲も出てきました。現役時代は職人をされていただけあって、Aさんは足腰を鍛えていますから、体調がよくないとき以外は、トイレにも自分で行くことができ、短い距離ならゆっくり自力歩行もできます。

 

ところで、Aさんの自宅と土地、車を売却してAさんの入院医療費をねん出するわけですが、実は、これがなかなかむずかしいのです。

 

「市民後見人センターとちぎ」の場合は、街なかの不動産仲介業者には依頼せず、地方銀行の不動産部に依頼します。信用のおける銀行に依頼することは、なかば公(おおやけ)です。後々のトラブルもなく、ご本人も私たちも、安心して売却をすすめるためには、銀行の不動産部を通じてお願いするのが、いちばんです。

株式会社おおの 代表取締役
えくぼ法人後見人事務所 代表
NPO 法人 市民後見人センターとちぎ 代表理事 

1952年栃木県生まれ。
東京大学市民後見人養成講座を修了。市民後見人として、2006年NPO 法人「市民後見人センターとちぎ」を設立。代表理事をつとめる。
とくに、身寄りのない高齢者、障がい者など社会的弱者の生活サポートなど、地域福祉向上にとりくむ。2016年、おひとり様のための葬儀・永代供養・法要を目的とした「株式会社えくぼ」を設立。
著書に『一万人を見送ったおくりびとの覚書』『任意後見信託ノート』(共に弓立社)。

NPO法人「市民後見人センターとちぎ」
頼れる人・家族が身近にいない高齢者の、日々の見守り、入院・老人施設入所時の身元保証、任意後見による身上監護と財産管理、死後の諸手続きなど種々のサポートを、公正証書にもとづいておこなっている。
ホームページ:http://koken-nin.com/

著者紹介

連載一人暮らしになっても安心!高齢者のための「任意後見入門」

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

大野 益通

弓立社

身寄り・頼れる人がいない「おひとり様」でも、ご本人の思いにそった老後の生活・エンディングを実現することができる。 6人の高齢者のケースから、一人暮らしの高齢者が、施設入所・入院、死後の始末、葬儀・供養を託して、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧