▲トップへ戻る
自社開発比率が高い日本企業…なぜ競争力が失われるのか?

前回は、企業の「IT関連の責任者」にふさわしい人材の条件を説明しました。今回は、日本企業の競争力が失われている原因を見ていきましょう。

お金だけでなく、人的リソースも必要以上に取られ…

IT部門の人事や人材育成にはあまり関心がない会社でも、大企業になると大変な金額をかけてITシステムを導入します。

 

ところが投資額が膨らむのは、必要性を検討した上でそれに応じて配分したからではありません。一からのシステムのつくり込みやカスタマイズありきでプロジェクトを進めているからです。世界で日本だけがパッケージの利用ではなく、自社開発が主流だと思われているのをご存じでしょうか。

 

大企業の方々は長年かかって出来上がった自分たちの仕事のやり方が正しいと考え、それにシステムが合わせるのが普通と思っていないでしょうか。そのためにシステムインテグレーションの投資をその都度行っているのは今や日本の大手企業だけです。

 

ITプロジェクトはお金だけでなく、人的リソースも取られます。ITシステムが全体的に複雑化していっている中で、新たな開発プロジェクトを組むことで、社内でほかにやるべきことが処理されず、後回しになりがちです。その結果、企業を弱くしていくことにもなっています。

 

私ももちろんシステムインテグレーションのプロジェクトに関わったことが何度もありますが、労力と投資金額ばかりが膨らんでいきました。本当に効率的なのかを何度も疑問に思ったことがありました。

 

先日、医療機器メーカーのIT部長にお目にかかったところ、過去15年間で開発に投じてきたのと同じだけ保守にも費用がかかり、パッケージの活用に目が行っていたらこうはならなかったのにと後悔していました。

システム構築ではなく、「パッケージツール」の導入を

1990年代末に勘定系のSAPというドイツのパッケージをグローバル主導で導入したときに、SAPの人から「パッケージに仕事を合わせてください。その方がはるかに効率的ですから」と言われたのを今でも覚えています。

 

システム構築に何千万や何億円もかかるところが、パッケージツールだと一桁少なくてもできるかもしれません。しかも保守管理費用もかからず、少人数で運用も回せます。パッケージを導入したときの全体としての人・物・予算の投資効果を出してみれば、答えは明らかではないかと思います。もっともそれが理解できるには、要件をきちんと見極めて見積もりができる能力が必要です。

 

日本ではIT産業人口の約8割がSI会社にいます。アメリカでは逆に約8割がユーザー企業にいます。これが日本のSIの社会的構造です。

 

役に立つか立たないかを十分検討して投資するようにして、日本企業は今までのやり方から効率的な方向へと切り換えなければなりません。でないと競争力はますます失われます。これからの時代、本当の意味で成果の出せるIT投資をしていかなければなりません。

株式会社インタラクティブソリューションズ 代表取締役

明治薬科大学卒業、薬剤師免許取得。1990年、日本ロシュ(現中外製薬)に入社。2000年、ノバルティスファーマ入社。製薬業界で初めて製品情報提供サイト、2000人を超える営業社員向け社内イントラネットを使ったマーケティング情報系のガバナンスも統括。2010年、インタラクティブソリューションズを設立。企業向けタブレットソリューション提供、高度暗号化ソリューション、デジタルコンテンツ作成などを行う。
2010年、厚生労働大臣賞、2014年MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)優秀プロダクトを受賞。

著者紹介

連載「営業マン総一流化」を実現する企業のICT革命

本連載は、2016年12月13日刊行の書籍『最強営業部隊をつくるタブレットPC活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

最強営業部隊をつくるタブレットPC活用戦略

最強営業部隊をつくるタブレットPC活用戦略

関根 潔

幻冬舎メディアコンサルティング

成績が伸びない部下に悩むマネージャー必読! 商談のスピードアップ、資料作成の効率化、トークスキルの向上――営業課題をすべて解決する「究極のITツール活用戦略」とは? 優秀な成績を残す営業マンは全体の2割で、残りの8…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧