もし金正恩が消されたら・・・北朝鮮の「核兵器」はどうなる?

今回は、もし金正恩が消された場合、北朝鮮の「核兵器」はどうなるのかを取り上げます。※本連載は、元外務省主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍し、現在は作家として執筆活動やラジオ出演、講演活動を行っている佐藤優氏の著書『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、緊張が高まる国際情勢分析をご紹介します。※本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。

核の争奪戦が勃発!?

では、仮に、金正恩がもし今後消されたとして、その後、何が起きるか。

 

アメリカと中国と韓国の3国の間で北朝鮮の核の争奪戦ですよ。早く核兵器を見つけて確保する競争になります。

 

私は、そうなったらおそらく、北朝鮮は同じ民族である韓国に核のありかを教えると思う。それで、韓国が核兵器を握る。そうなったときに韓国は核を手放すか。手放さないと思う。核兵器を持った韓国が竹島問題や慰安婦問題で日本に対峙してくることになります。これは恐らく、今の北朝鮮の事態よりも面倒なことになる

 

北朝鮮には民意がありませんから、外交においては、金正恩と取り引きすれば、とりあえず外交交渉が成立する。

 

ところが、韓国は民意がある。そして、その民意がポピュリズムによって極端に揺れる。これは私たちがすでに見ているところです。朴槿恵(パククネ)に対する判決(大統領罷免)に対するデモでも死者が2人出るぐらいです。こういう状況の国が核を持ったらどうなるか。

 

この問題は、我々は真剣に考えないといけないんです。

 

だから、日本の国益を考えると、金正恩はけしからんから、あいつの首狩りをしてしまえばいいという、そういう単純なシナリオにはならない

 

北朝鮮と同様、韓国にも不安定性と日本の安全保障上の危険性がある。これはきちんと政府関係者が考えなくてはいけないことです。

作家・元外務省主任分析官・同志社大学神学部客員教授(学長特別顧問、東京担当)

1960年東京都生まれ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。在学中は組織神学、無神論を学ぶ。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局主任分析官(課長補佐級)。2002年鈴木宗男事件に絡む疑惑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2013年執行猶予期間満了。刑の言い渡しが効力を失う。時事通信社からは『日本でテロが起きる日』『一触即発の世界』を刊行。

著者紹介

連載佐藤優の地政学リスク講座~北朝鮮、金正恩の戦略を探る

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優

時事通信出版局

一触即発の世界はいつまで続くのか。 佐藤優が北朝鮮問題に切り込んだ本書の内容をQ&Aで紹介します。(本書の内容を構成しました。「…」部分は本書で) Q 米朝開戦の可能性は⁉︎ 佐藤優 危機は高まってきている。5軒先でボ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ