「サ高住」への入居後、健康状態が改善した女性の事例

前回は、健康で活発な老後のために必要な「健康寿命」について解説しました。今回は、「サ高住」への入居がきっかけで健康状態が改善した、ある女性の事例を見ていきます。

息子の家が近くなり、頻繁に会えるように

女性 81歳

 

彼女がグランドマストに入居したのは約3年前でした。当時は歩くのに杖は必須。外出時は必ずシルバーカーにつかまっている状態でした。本人も年を考えると仕方がないと思っていたようです。

 

ところが入居して約1年経つと、シルバーカーはおろか、杖さえも不要で毎日買い物へ行けるようになったのです。

 

その理由は、医師に聞いたわけではないので正確には分かりません。しかし、私なりに考えると、次のようなことが合わさってよい方向へ向かっているのではないかと思っています。

 

●息子さんと頻繁に会えるようになった

彼女の入居の第一の理由は、息子さんの家に近いから。足腰が弱まった彼女を心配して息子さんが住み替えを勧めたのです。私たちはこれを「呼び寄せ型」と言います。実はこの理由で住み替えをすると元気になる人は多いのです。彼女も息子さんと頻繁に会えるようになって、日に日に心も身体も元気になっていきました。

 

リハビリデイサービスへの通所で運動能力が向上

●リハビリデイサービスへ通うようになった

リハビリデイサービスに関しては、住み替え前も何度か行ったことがあるそうです。しかし、担当者との相性がよくなかったようで、定期的に通うことはありませんでした。

 

ところが入居後に周りを見渡してみると、自分よりも年上なのに背筋を伸ばしてシャキシャキ歩く人たちが意外に多いことに気づいたそうです。

 

そこで考えをあらため、近くのリハビリデイサービスに行ってみました。すると今までとは比べものにならないほど楽しい。担当者との会話が楽しくて仕方がなかったのです。そのまま通い続けているうちに、自分も背筋を伸ばして歩けるようになりました。

 

●朝晩の食事をしっかりとるようになった

彼女は数年前に配偶者を亡くしていました。それからというもの朝晩の食事を作るのが面倒になり、食べたり食べなかったりといった生活になっていきました。

 

ところが、私たちのサ高住では、希望すればいつでも食堂で朝晩の食事をとることができます。しかも、すべて栄養士が考えた栄養バランスの取れたメニュー。体力がついたことは間違いないでしょう。

積和グランドマスト 代表取締役社長
一級建築士
公認不動産コンサルティングマスター 

2014(平成26)年11月に、積水ハウスグループの一員として「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)の一括借上による管理・運営を専門に行う積和グランドマストの代表取締役社長に就任。
介護系と医療系の事業者が8割以上を占めるサ高住の市場において、住宅づくりに取り組む会社の立場から「生き生きとした暮らしを生む住まい」を追求している。都内を中心に、今までにない快適な住まいを提供し、多くの入居者の満足を得ている。

著者紹介

連載体験談・・・「サ高住」に移り住んだ人々

 

 

70歳からの住まい選び

70歳からの住まい選び

小山 健

幻冬舎メディアコンサルティング

最高の住み心地・豊かな人間関係・健康面の安心・・・生涯充実した人生を送るための高齢者向け住宅とは!? 一人で住み続けるのは不安・・・でも、老人ホームには入りたくない。70歳を過ぎた人の、新しい住まい探しの教科書で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧