▲トップへ戻る
高齢者と国の経済的負担を軽減・・・「健康寿命」の重要性

前回は、「サ高住」への入居で手に入れた「生活の利便性」を紹介しました。今回は、高齢者本人と、国の双方の経済的負担が軽減する「健康寿命」の重要性を見ていきます。

健康寿命=健康上の問題で制限されず生活ができる期間

日本人の平均寿命は延び続けています。男性は80.79歳、女性は87.05歳(「平成27年簡易生命表」より)。

 

しかし、いくら長生きできても健康で活発に行動できなければ、100%満足できる生活とはいえないでしょう。健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を「健康寿命」といいます。日本人の健康寿命は男性71.19歳、女性74.21歳です。平均寿命との差はそれぞれ9.02年と12.40年。

 

この差が拡大すれば、日常生活に支障がある期間が延びるだけでなく、医療費や介護費も増加します。健康寿命を延ばすことは、自身と国の両方の経済的負担を軽減させることにもつながるのです。

 

[図表]健康寿命と平均寿命

出典:厚生労働省「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会資料」
出典:厚生労働省「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会資料」

施設での生活が機能回復の機会を奪う場合も

ところが高齢者向けの施設が、健康寿命を延ばすことを阻害することもあるようです。

 

たとえば車椅子の問題です。車椅子を使用するのは、必ずしも入居者が歩けないからというわけではありません。本人に歩く意思があったとしても、介護する側が安全で快適に暮らしてほしいと車椅子に乗せてしまうことも少なからずあります。

 

日本の介護業界は欧米と違って、どうしても「要介護者に楽をしてほしい」という傾向があります。

 

もちろん親切な気持ちからですが、これが機能回復の機会を奪ってしまっているかもしれないのです。

 

私たちのサ高住では、入居者が自立した生活を送りながら生き生きと快適に暮らせることを最優先事項としています。つまり、いかに健康寿命を延ばすか、にこだわっているのです。

 

実際に私たちの物件に入居したことで、健康状態がよくなった次のような例があります。

 

この話は、次回に続きます。

積和グランドマスト 代表取締役社長
一級建築士
公認不動産コンサルティングマスター 

2014(平成26)年11月に、積水ハウスグループの一員として「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)の一括借上による管理・運営を専門に行う積和グランドマストの代表取締役社長に就任。
介護系と医療系の事業者が8割以上を占めるサ高住の市場において、住宅づくりに取り組む会社の立場から「生き生きとした暮らしを生む住まい」を追求している。都内を中心に、今までにない快適な住まいを提供し、多くの入居者の満足を得ている。

著者紹介

連載体験談・・・「サ高住」に移り住んだ人々

 

 

70歳からの住まい選び

70歳からの住まい選び

小山 健

幻冬舎メディアコンサルティング

最高の住み心地・豊かな人間関係・健康面の安心・・・生涯充実した人生を送るための高齢者向け住宅とは!? 一人で住み続けるのは不安・・・でも、老人ホームには入りたくない。70歳を過ぎた人の、新しい住まい探しの教科書で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧