▲トップへ戻る
為替の値動きを予想する「2つの分析方法」とは?

今回は、為替の値動きを予想する「2つの分析方法」について見ていきます。※本連載は、外為オンラインのシニアアナリストである佐藤正和氏の著書、『チャートがしっかり読めるようになるFX入門』(翔泳社)の中から一部を抜粋し、「為替チャート」を使いこなして資産を増やすFX投資術を紹介します。

「ファンダメンタルズ分析」「テクニカル分析」を活用

FXで未来予測する方法には2通りのやり方があります。ひとつは、さまざまな経済指標をもとに「景気や金利の状況から見て為替レートはこう動く」と予測するもので、「ファンダメンタルズ分析」といいます。

 

もうひとつは、為替レートの値動きを記録したチャートを使い、「過去にこういう値動きをしてきたから今後はこう動く」と予測する方法で、「テクニカル分析」といいます。

 

「2つの方法のどちらかじゃないとダメ」というものではなく、実戦では2つのアプローチを組み合わせて、予測の精度を高めていきます。

テクニカル分析主体に取引するのが現実的

とはいえ、個人投資家が入手できる経済情報はごく限られたもので、情報の処理や分析能力では専門家のプロにかなうはずがありません。特に男性投資家に多いのですが、ある程度経験を積むと〝プチ経済評論家〟のようになってしまい、独自の経済解釈や相場分析に固執して失敗してしまう例も多いのが実情です。

 

相場の流れについていく、という意味では、シンプルに過去の値動きをもとに未来を予測するテクニカル分析主体で取引を行うべきです。実際にチャートを見ないと、どこでエントリーしてどこでエグジット(決済)すればいいか、取引のタイミングもつかめません。

 

ただし、チャート上の値動きの裏にはかならずファンダメンタルズの変化が反映されています。チャート分析を行う際も、さまざまな経済ニュースや経済指標が、どのように為替レートに影響を与えているかについては意識しておきましょう。

 

[図表]FXには2つの未来予測法がある

外為オンライン シニアアナリスト

外為オンライン・シニアアナリスト 邦銀を経て、パリバ銀行(現BNP パリバ銀行)入行。インターバンクチーフディーラー、資金部長、シニアマネージャーなどを歴任。通算30年以上為替の世界に携わっている。

著者紹介

連載「為替チャート」を使いこなして資産を増やすFX投資術

※本書の出版にあたっては正確な記述につとめましたが、著者や出版社などのいずれも、本書の内容に対してなんらかの保証をするものではありません。
※本書に記載されている情報は2016年10月執筆時点のものです。

 

 

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

佐藤 正和

翔泳社

【本書のポイント】 ●わかりやすいのに本格派の内容なのでじっくり学びたい人に最適 ●初心者がマスターしたいチャートの読み方が充実 ●読みっぱなしで終わらないために厳選した練習問題を掲載 ●口座開設と取引方法のイロハ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧