▲トップへ戻る
FXで不可欠な「損切りする勇気」を持つには?

今回は、FXで不可欠な「損切りする勇気」を持つ方法を見ていきます。※本連載は、外為オンラインのシニアアナリストである佐藤正和氏の著書、『チャートがしっかり読めるようになるFX入門』(翔泳社)の中から一部を抜粋し、「為替チャート」を使いこなして資産を増やすFX投資術を紹介します。

損切りができないと「FXからの強制退場」も

FXで絶対に必要なこと、それは予想が外れた取引をして損失が拡大したとき、その損失を決済する「損切り」ができる勇気を持つことです。

 

とはいっても、多くのセミナー参加者の方々からは「損切りが本当に苦手」「損切りは絶対したくない」という声が多数寄せられています。

 

確かに損切りは、いったん下した自分の判断を否定することになるので精神的につらいものです。損切りした直後、予想通りの方向に為替レートが戻ったりすると悔しさはハンパではありません。

 

しかし、損失拡大が続けば最悪、FXからの退場という憂き目にあいます。具体的には損失拡大で減少した自己資金が、必要な証拠金の額を下回ると、新たに資金を追加入金しない限り、FX会社によって強制的に決済されて損失が確定されてしまうのです。

気にするべきは勝ち負けよりも「勝率」

損失が拡大している最中は、取引に対する後悔や「いずれ利益が出るはず」という未練、「もう、どうでもいい」という自暴自棄の感情が渦巻き、夜も眠れないほどです。自分の心の中に次々と沸き起こる〝負の感情〟に翻弄されているのは精神的にもよくありません。

 

たとえば、野球選手は1年間戦って、負けたり勝ったりしながら、年間の勝率を上げることを目指しています。FXもある意味、それと同じです。「利益確定=勝ち」「損切り=負け」で1セットと考え、なるべく勝率を上げることにこだわったほうが、気も楽ですし、成績も向上するはずです。

 

[図表]FXでは「損切りできる勇気」が必要

 

外為オンライン シニアアナリスト

外為オンライン・シニアアナリスト 邦銀を経て、パリバ銀行(現BNP パリバ銀行)入行。インターバンクチーフディーラー、資金部長、シニアマネージャーなどを歴任。通算30年以上為替の世界に携わっている。

著者紹介

連載「為替チャート」を使いこなして資産を増やすFX投資術

※本書の出版にあたっては正確な記述につとめましたが、著者や出版社などのいずれも、本書の内容に対してなんらかの保証をするものではありません。
※本書に記載されている情報は2016年10月執筆時点のものです。

 

 

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

佐藤 正和

翔泳社

【本書のポイント】 ●わかりやすいのに本格派の内容なのでじっくり学びたい人に最適 ●初心者がマスターしたいチャートの読み方が充実 ●読みっぱなしで終わらないために厳選した練習問題を掲載 ●口座開設と取引方法のイロハ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧