給料制のサラリーマンに「不労所得」が必要となる理由

前回は、オークション、アフィリエイトで年収を増やすことが難しい理由を説明しました。今回は、給料制のサラリーマンに「不労所得」が必要となる理由を見ていきます。

安定的な給与所得は大きなメリット

株やFX、アフィリエイトや個人ネット通販も「この世界に骨を埋める」くらいの気概がなければ勝ち抜いていけません。サラリーマンが片手間にやっても時間の無駄、株やFXなどは興味本位で手を出すと大やけどにもつながります。

 

かといって脱サラしては、本末転倒。サラリーマンのメリットを活かしながら、あくまで副収入を得ることを目指すべきです。

 

ここでサラリーマンという状況のメリットを考えてみましょう。

 

まず、基本的には上司または会社の要求する仕事をこなせば、勤務中にインターネットをしていても定時で帰れます(これが難しいのですが)。さらに、外回りをする営業担当であれば、目標数字さえ達成すれば外に出ている間に何をしようが自由です。

 

にもかかわらず、サラリーマンは毎月給料がしっかり手に入ります。よほどの大失敗を繰り返す、または会社の業績が大きく悪化しない限り、毎月一定以上の収入が得られるのです。

 

当たり前のことと思うかもしれませんが、これは大きなメリットです。アルバイトなら時間給、やったらやった分だけの収入。プロスポーツの世界などでは、イマイチな成績ならそれなり。調子が悪いときは月収ゼロもあり得ます。

 

どうですか? この給料制は大変大きなアドバンテージです。考えてみてください。株やFXで毎年コンスタントに500万円以上の利益を出すというのは本当に難しいことです。

本業があるため、副業は「拘束されない」ことが条件に

しかし本題はここからです。とはいえ、サラリーマンは給料制であるがゆえに年収の上限も決められています。よほどインセンティブの高い会社や外資系など一部を除き、ほかのプロの世界のように一気に年収を300万円増やす方法はありません。

 

給料制というメリットを活かしてさらに収入を増やすには、本業を妨げる時間的な拘束や負担のない「不労所得」が必要です。

株式会社アメニティジョイハウス 代表取締役社長

1974年生まれ。不動産コンサルティング技能登録者。宅地建物取引主任者。賃貸不動産経営管理士。一級土木施工管理士。東京都、千葉県を中心に土地選びからアパートの施工、賃貸管理まで一括した、ローコスト&ローリスクのアパート経営を提案する株式会社アメニティジョイハウス代表取締役社長。会社のホームページが口コミで反響を呼び、サラリーマンを中心としたアパート経営による資産形成の相談が絶えない。

著者紹介

連載サラリーマン業と「アパート経営」の両立で年収+300万円を手に入れる方法

本連載は、2014年11月27日刊行の書籍『サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

田脇 宗城

幻冬舎メディアコンサルティング

広がる格差、上がらない給与、将来に備えた生命保険や家のローンに子どもの教育費・・・。働けど働けど出費は増える一方なうえに、将来に対するお金の不安も拭えないという30代のサラリーマンは多いでしょう。 年収がプラス30…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧