経済大国、途上国・・・多様な顔を持つ中国と賢く付き合うには?

今回は、リスクを最小に、チャンスは最大にしながら、中国と賢く付き合う方法について解説します。※本連載は、経済産業審議官、内閣官房参与などを歴任した豊田正和氏と、元海上自衛官で北京の日本大使館で防衛駐在官を務めた小原凡司氏の共著書『曲がり角に立つ中国――トランプ政権と日中関係のゆくえ』(NTT出版)の中から一部を抜粋し、成長減速という曲がり角に立つ隣国「中国」と賢く付き合う道を探ります。

中国と日本は「未来永劫の隣国」

中国には、さまざまな顔がある。「経済大国の顔」、「覇権国の顔」、「エネルギー・環境問題に悩む顔」、「途上国の顔」、「歴史問題でナショナリズムをたぎらせる顔」、「国際システム作りに意欲を示す顔」、「世界の尊敬を求める顔」などなど。簡単に七種類の顔を頭に浮かべることが可能だ。

 

中国と日本は、未来永劫の隣国であり、このさまざまな顔が、リスクとチャンスを提供している。南シナ海や東シナ海、尖閣列島など領有権にまつわる摩擦もあれば、双方にとって生産拠点や市場となる経済的魅力もある。いまや中国は、GDP規模(二〇一六年名目ベース)で見れば一一・一兆ドルであり、日本(四・一兆ドル)の二・七倍を超える大国に成長したが、一人当たりGDPで見れば、中国は八二六〇ドルであり、日本が、未だ四四倍の大きさだ。

 

その中国が、いまや曲がり角に立つ。高成長から低成長へ。格差拡大と腐敗への不満のために、社会的な安定から不安定へ。さらには、政権内においては、権力闘争の激化へ。

 

成熟した日中関係を作る「三つの協力」からスタート

さて、日本はどうするべきか。摩擦を恐れて、付き合うのをやめるのか。大きな市場の魅力にひかれて、関係をますます深めるのか。リスクを最小にし、チャンスを最大にする。日中双方にとって、そうした付き合い方はできないものか。それが賢い付き合い方というものだ。

 

一言でいえば、三つの協力と、三つの抑止と、そして、一つの慫慂(しょうよう・相手に要求するばかりでなく、わが身を振り返り、みずからが範を示せるようになることによって、相手の行動も変える)の巧みな均衡を図ることであり、いずれか一つを採ることではないのではないか。この七本柱が賢い付き合い方であり、中国側もそれを理解する、それが成熟した日中関係を作りあげる道ではないだろうか。

 

まずは、三つの協力から始めよう。すでに随所で詳細に述べてきたが、ここで改めて整理してみたい。

 

第一が、日中二国間協力だ。その典型が、エネルギー・環境分野での協力だ。少なくとも、六つの分野があるだろう。初めに、省エネルギー推進。次に、化石燃料、とりわけ、よりクリーンな天然ガス利用の促進。そして、再生エネルギーの低コスト化。さらに、原子力の安全性確保。他にも、環境対策。そこには、気候変動対策のほか、伝統的な公害対策も入れてよい。最後に、中長期的視点から、東アジアにおけるエネルギー・ネットワークの構築。

 

第二が、アジアにおける日中協力だ。とりわけ、アジアにおけるインフラ整備。エネルギーの低廉、安定供給確保も重要である。アジア金融危機を回避するための通貨協力も重要だ。

 

第三が、ルール・メイキングの日中協力とコンプライアンスの日中尊重だ。

 

東アジアサミット・ワイドの東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や、日中韓経済連携協定を早期に完成させ、そして、その順守と活用に模範を見せることだ。日本にしてみれば、いまや米新政権の誕生に伴い、米国が関心を失ったかに見えるTPPの完成のためにも刺激剤として有効だ。

 

さらに、日中のビジネス環境整備協力も重要だ。その際、米新政権が懐疑的な、WTOの紛争処理メカニズムの尊重も重要だ。中国は最大の被告であるが、これまでの順守状況は、決して悪くない。中国にとっても、WTOは使いでがあるはずだ。

一般財団法人日本エネルギー経済研究所 理事長

1949年生まれ。1973年通商産業省入省。
OECD国際エネルギー機関勤務を含め、貿易・エネルギー・環境などの分野で幅広い経験を積む。経済産業審議官、内閣官房参与など歴任。
共著書に『エネルギーと新国際秩序』(2014年エネルギーフォーラム)

著者紹介

笹川平和財団 特任研究員

1985年 防衛大学校卒業、1998年 筑波大学大学院(地域研究修士)修了(修士)。
1985年 海上自衛隊入隊後、回転翼操縦士として勤務。2003年~2006年 駐中国防衛駐在官。2006年防衛省海上幕僚監部情報班長、2009年 第21航空隊司令、2011年IHS Jane’s アナリスト兼ビジネス・デベロップメント・マネージャーを経て、2013年1月に東京財団、2017年6月から現職。著書に『中国の軍事戦略』(東洋経済新報社)、『軍事大国・中国の正体』(徳間書店)、『何が戦争を止めるのか』(ディスカバートゥエンティワン)、『曲がり角に立つ中国』(NTT出版)等。

著者紹介

連載成長減速という曲がり角に立つ隣国「中国」との付き合い方

 

 

曲がり角に立つ中国 トランプ政権と日中関係のゆくえ

曲がり角に立つ中国 トランプ政権と日中関係のゆくえ

豊田 正和,小原 凡司

NTT出版

未来永劫の“永遠の隣国”中国といかに賢く付き合うか。 中国は高度成長がおわりを迎え、社会に不満が蓄積し、諸外国とは不協和音がひびき、大きな曲がり角に立っている。さらに、米国にトランプ政権が誕生し、従来の枠組みの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧