賃貸経営で「サブリース契約」が不要といえる理由

今回は、賃貸経営で「サブリース契約」が不要といえる理由を見ていきます。※本連載では、株式会社日本財託の代表取締役社長である重吉勉氏の著書、『低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人』(かんき出版)から一部を抜粋し、低金利&過剰融資時代の「正しい不動産投資」の進め方を徹底的に探ります。

「契約当初の家賃」が保証され続けるわけではない

一見すると、空室リスクから解放されて、管理の手間がかからないサブリース契約は、オーナーにとってメリットばかりの契約に思えます。しかし、このサブリース契約が今、大きな問題となっているのです。

 

サブリース契約時には、オーナーから不動産会社が不動産を借り上げる期間と保証家賃金額が定められます。ただし、借り上げ期間中の保証家賃の金額は変わらないわけではありません。サブリース契約を結んだとしても、契約当初の家賃で保証され続けるわけではないのです。

 

 

これは国の定める法律でも認められた借主の権利なのです。その根拠となるのが借地借家法です。

 

そもそも、借地借家法は貸主が強い立場にあるということを前提にしており、借主を保護するために定められています。そのため、条文内においても、「賃料減額請求権」がはっきりと明記されています。

 

「賃料減額請求権」とは、土地や建物の賃貸借契約において、一方の当事者の意思表示で将来の賃料を増減できる権利のことをいいます。サブリース契約において、この賃料減額請求権の有効性を争う裁判も行われています。その結果、最高裁でもサブリース会社からの借地借家法に基づく賃料減額請求を認めています(最高裁平成15年10月21日判決)。

 

つまり、これによってサブリース会社の賃料減額にお墨付きが与えられてしまったのです。いくら30年間家賃を保証するといっても、法律に基づいた伝家の宝刀を抜かれてしまっては、こちらは従うしかありません。

 

たとえ、契約書に「10年間は家賃を固定とする」と記載があったとしても、借主に不利な条件だとして法律に基づき無効になる可能性があるのです。

 

借地借家法の本来の趣旨は、立場の強い貸主から弱い立場の借主を守るためものです。しかし、サブリース会社と一般のオーナーを比べたときに、どちらの立場が弱いかといえば、アパートを盾に取られている貸主のオーナー側です。サブリース契約に基づく保証家賃は絶対ではないのです。

 

この保証家賃の引き下げによって、投資用ローンの返済に苦慮するようになり、不動産を手放さざるを得ないような状況が、今実際に起こっているのです。

 

不動産を売却して、ローンが完済されるのであれば、それはまだよいケースです。ところが、築年数が経過して賃貸需要のほとんどないような地方や郊外のアパートでは、売却価格も安くなるので、不動産を売却してもローンを完済しきれないのです。こうなってしまったら、もうどうすることもできません。

 

サブリース契約にまつわるトラブルがあまりにも多いことから、監督官庁である国土交通省も動き出し、2016年9月1日から、サブリース契約における保証家賃の減額リスクの説明が義務化されました。今はまだ「賃貸住宅管理業登録制度」に参加する3982社(2016年12月現在)だけのルールとなりますが、これによってサブリース契約のトラブルが減ることが期待されています。

サブリース契約でも「空率リスク」はなくならない

サブリース契約によって、オーナーが空室リスクから解放され、安定した収入が見込めると思うかもしれませんが、空室リスクがまったくなくなったわけではありません。その空室リスクは、サブリース契約の相手である不動産会社が担っているにすぎないのです。

 

いくら空室を保証してくれるといっても、賃貸需要がない立地で不動産経営をしているという事実は変わりません。築年数が新しいうちは、不動産会社も空室リスクを負担し続けられますが、築年数が経過してくると、その空室リスクは保証家賃の減額という形でオーナーに跳ね返ってくるのです。

 

 

構造的な問題である地方の人口減少に伴う賃貸需要の減少に、一民間企業の保証で対抗しようとするのは無理な話です。

 

不動産投資で長期にわたって安定収入を得るためには、そもそも賃貸需要が少ない場所で不動産経営を行わないことです。賃貸需要の見込める土地であれば、サブリース契約を結ぶ必要もありません。オーナーが直接、入居者と賃貸契約を結んだほうが、収入額も大きくなります。

株式会社日本財託 代表取締役社長

1962年生まれ。石川県小松市出身。早稲田大学社会学部中退。
1990年、株式会社日本財託を設立するが、まもなくバブル景気が崩壊。それまで羽振りのよかった不動産会社が次々と倒産。地獄のような苦しみを味わうなか「生き残るには地道な固定収入が大切だ」と気づき、「不動産業の原点は管理業だ」と確信する。
31年間の賃貸経営サポート業務を通じ、失敗した人を多く見たこと、そして自分自身もバブル崩壊で失敗した苦い経験があることなどから「失敗しないための不動産投資法」などのセミナー活動を積極的に行う。「管理を通じてお客様と一生涯のお付き合い」を経営理念として、日本で最も信頼される不動産会社を目指している。
著書に『中古ワンルームマンションで収益を上げる!』『東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい』『中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!』『中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則』『今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!』『低金利時代の不動産投資で成功する人 失敗する人』(いずれもかんき出版)がある。
2021年8月末現在、オーナー数は8,677名、24,341戸を管理。年間平均入居率98%という、他社には類を見ない高い入居率を維持している。

日本財託グループ
http://www.nihonzaitaku.co.jp/

著者紹介

連載低金利&過剰融資時代の「正しい不動産投資」の進め方

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

重吉 勉

かんき出版

空前の低金利で不動産投資がブームになっています。なかには、頭金ゼロを謳っている投資会社も。 でも、本当に今借金しても大丈夫なのでしょうか。頭金ゼロで何億円もの資産をつくった人の将来は安全なのでしょうか? 本書は…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ