海外ゲストの満足度を高める「謝罪のフレーズ」の使い方

前回は、海外ゲストの心に響く「謝罪」の伝え方を紹介しました。今回は、海外ゲストの満足度を高める「謝罪のフレーズ」の使い方を見ていきます。

謝罪と肯定から、次のオプション提案へとつなげる

店舗で起こり得るのが、お客様から取り扱いのないカード、トラベラーズチェックなどを提示されることです。そんなときは、次のようなフレーズが使えます。

 

●I’m afraid we do’nt take …(クレジットカード名)Do you have other credit cards?

「恐れ入りますが当店では(クレジットカード名)のお取り扱いがございません。他のクレジットカードをお持ちでしょうか」

 

また、レストランで指定された銘柄の飲み物(ワイン、ビールなど)がなかった場合は次のように対応しましょう。

 

●I’m afraid we do’nt have(指定の銘柄)Would you like ……, instead?

「申し訳ないのですが(指定の銘柄)は置いておりません。代わりに……はいかがでしょうか」

 

このように、「謝罪と肯定」から次のオプションへとつなげていきます。この方法は問題解決をするうえでは、とても効果的になります。

謝罪のレベルによって「副詞」の使い分けを

それに対して、お客様の「え~!」「日本って不便だな……」という気持ちが表情や声に見えた時には、次のような表現を組み合わせて使うことをお勧めします。

 

●I know. I understand.

「わかります」

 

●I see yo’ure disappointed.

「がっかりされているのでしょうね」

 

●I know tha’t s really frustrating.

「そうですよね、不便ですよね」

 

たとえば、お客様が乗る予定のバスの到着が交通渋滞で遅れていて、次のスケジュールに間に合わないとイライラしている場合などにも、この手法は使えます。

 

We’re informed that there will be a slight delay of departure due to heavy traffic.

I know tha’t s really frustrating for everyone, including us, and I apologize.

If yo’ud rather not wait the extra 20 minutes, you might take a subway.

「渋滞によって出発が遅れているようです。皆さんにご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。これからまた20分お待ちになるのがご面倒でしたら、地下鉄をお使いになるのはいかがですか」

 

このように、解決策が100パーセントお客様の意に沿うものでなかったとしても、こちら側がなんとかして力になろうとしている気持ちを伝えることはできます。

 

ひと口で謝罪と言っても、お部屋にタオルがない、アメニティグッズが不足しているなど、謝罪のレベルはさまざまです。

 

軽微な出来事に対して、深々と頭を下げ、We truly apologize for this. と言われてもお客様は逆に戸惑ってしまいます。謝罪のレベルによって、very, really, truly, sincerely などの副詞も効果的に使っていきましょう。

株式会社RADIANT 代表取締役

新潟大学人文学部英米文化課程卒業後、米国系航空会社(旧NW)日本支社に入社。旅客部門、機内サービス部門を経て、アジア地区における接遇教育専任担当として、接客力をもつ多くの社員を職場に送出。退社後、神田外語学院エアライン科講師を経て、株式会社早稲田総研インターナショナル(現:早稲田大学アカデミックソリューション)の英語コミュニケーションクラスの講師として大学の講座で教壇に立つ。
その後、株式会社RADIANT設立。ヒルトン東京ベイを皮切りに、マンダリンオリエンタルホテル東京、東京ステーションホテル等の大手ホテルにて、英語接遇研修を行う。その他、大手製薬会社、医療メーカー等の社内研修においても高い評価を得ている。

著者紹介

連載グローバルで選ばれる「外国人観光客をリピーターにする」接客術

外国人観光客をリピーターにする 世界基準の「接客サービス」

外国人観光客をリピーターにする 世界基準の「接客サービス」

村田 志乃

幻冬舎メディアコンサルティング

サービス・ホスピタリティ業界に携わるすべての人に贈る外国人観光客をリピーターにする方法! ●日本人のおもてなしが外国人に伝わりにくい理由 ●「あいづち」「聞き返し」の英語とは? ●接客における「魔法の言葉」ma…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ