前回は、税務調査になった際に注意すべきポイントについて説明しました。今回は、「名義預金」や「修正申告」などについて見ていきます。

その預金の「原資」は誰に帰属するのか?

相続税の申告で、最も問題になりやすいのが名義預金の存在です。名義預金とは、被相続人が自分以外の名義で行った預金をいいます。お金の出どころが亡くなった人であれば、たとえ名義が家族のものだったとしても、それは家族の固有の財産ではなく、亡くなった人の財産なので、相続財産として申告しなければなりません。

 

この記事はメールマガジン会員様限定です。メールマガジン会員登録(無料)をすると全文をお読みいただけます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載に記載されているデータおよび各種制度の情報は、いずれも出典元である服部誠著『相続税の税務調査を完璧に切り抜ける方法』(幻冬舎メディアコンサルティング、2013年)の執筆時点のものであり、今後変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

    相続税の税務調査を 完璧に切り抜ける方法

    相続税の税務調査を 完璧に切り抜ける方法

    服部 誠

    幻冬舎メディアコンサルティング

    内情と対応策がわかれば税務調査も怖くない。 本書は、ほかではあまり知ることのできない税務調査の実態について解説。また、税務調査を意識した相続税の生前対策についても詳しく解説しています。資産税に強い税理士だから…

    相続税の税務調査を 完璧に切り抜ける方法[改訂版]

    相続税の税務調査を 完璧に切り抜ける方法[改訂版]

    服部 誠

    幻冬舎メディアコンサルティング

    内情と対応策がわかれば税務調査は怖くない。 本書は、ほかではあまり知ることのできない税務調査の実態について解説。また、税務調査を意識した相続税の生前対策についても詳しく解説しています。資産税に強い税理士だから…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ