書籍詳細

『エルカミノ式 理系脳をつくるひらめきパズル』

エルカミノ式 理系脳をつくるひらめきパズル

村上 綾一
稲葉 直貴

出版社名:幻冬舎

発行年月:2017年6月

一生使える算数力が身につく楽しいドリル!

最強の理数系専門塾・エルカミノが独自に開発したパズル教材で、考えることがどんどん好きになる!

本書は、難関中学校への合格者を多数輩出する「理数系専門塾エルカミノ」が開発した、理系脳が鍛えられるオリジナルパズルを11種類掲載したドリルです。

試行錯誤しパズルを解くことで、考えることをあきらめない力が身につきます。そしてあきらめずに思考する力は、算数や数学を得意にする土台となります。

一生使える算数力が身につく楽しいオリジナルパズル傑作選!

パズルの難易度は全部で5段階。やさしい問題からスタートして、徐々に難しくなります。

<内容紹介>

1. かずさがし
2. 合同分かつ
3. ゼロゼロ式
4. コインさがし
5. おなじのつなぎ
6. たし算ボックス
7. 四角カット
8. 数字のかいだん
9. 図形さがし
10. かけ算ボックス
11. 面積めいろ

株式会社エルカミノ
代表取締役

早稲田大学卒業後、大手進学塾の最上位指導、教材・模試の作成を経て、株式会社エルカミノを設立。教育部門「理数系専門塾エルカミノ」では授業も担当し、生徒を東大、御三家中学、数学(算数)オリンピックへ多数送り出している。2008年公開の映画「デスノート『L change the WorLd』」で数理トリックの制作を担当。著書に、『面積迷路』(学研パブリッシング)、『人気講師が教える理系脳のつくり方』(文藝春秋)、『中学受験で成功する子が10歳までに身につけていること』(KADOKAWA)など多数。

著者紹介


パズル作家

名古屋工業大学大学院博士前期課程修了。在学中に数理パズルの自動生成技術を開発し、現在は日本を代表する作家として、多数のパズル誌に問題を提供している。パズル教育への利用にも意欲的で、「理数系専門塾エルカミノ」とスクラムを組み、さまざまな学習パズルを考案。「面積迷路」は海外メディアにも取り上げられ、翻訳版も出ている。また、『算数ゲーム チェント』『算数ゲーム カルコロ』(学研プラス)など、学習に役立つゲームも手がける。日本パズル連盟会員、東京大学ペンシルパズル同好会特別名誉会員。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧