著者紹介

平尾 覚

西村あさひ法律事務所

パートナー弁護士

1996年、東京大学法学部第一類(LL.B.)卒業。2001年、The University of Illinois College of Law(LL.M.)卒業。

1998年~2011年、検事を務める。

1998年~2000年、東京、福岡、岡山地方検察庁に勤務。2000年~2002年、人事院長期在外研究員として法務省刑事局付に配属。2002年~2005年、千葉、東京、福岡地方検察庁に勤務。2005年~2008年、総務課・刑事課担当として法務省刑事局付に配属。2008年~2010年、福岡地方検察庁久留米支部長に就任。2010年~2011年、東京地方検察庁特別捜査部に配属。

2011年、第一東京弁護士会に登録。2012年、公認不正検査士に登録。

2013年~2015年、桐蔭横浜大学大学院法務研究科にて客員教授として勤務。2014年~、独立行政法人日本スポーツ振興センター「スポーツ指導における暴力行為等に関する第三者相談・調査委員会」特別委員に就任。2015年~、株式会社大庄 社外取締役に就任。2016年~、エンデバー・ユナイテッド株式会社 社外取締役に就任、2019年~長崎大学「高度安全実験施設に係る監理委員会」委員に就任、2021年~あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 社外監査役に就任、2022年~自由民主党デジタル社会推進本部 「NFT政策検討プロジェクトチーム」 ワーキンググループメンバーに就任。

【主な著書等】『DX時代のスポーツビジネス・ロー入門』(共著、中央経済社、2021年12月)、『AIの法律』(共著、商事法務、2020年11月)、『役員・従業員の不祥事対応の実務 ~社外対応・再発防止編~』(共著、第一法規、2019年4月)、『役員・従業員の不祥事対応の実務 ~調査・責任追及編~』(共著、第一法規、2019年1月)、『裁判例 コンメンタール刑事訴訟法 第4巻』(立花書房、2018年6月)、『AIの法律と論点』(共著、商事法務、2018年3月)、『経済刑法-実務と理論』(共著、商事法務、2017年5月)、『日本版司法取引と企業対応-平成28年改正刑訴法で何がどう変わるのか-』(清文社、2016年6月)、『西村高等法務研究所叢書(10)米国司法省による取締り-最新動向と日本企業が留意すべきリスクおよび対応策』(共著、商事法務、2016年5月)、『危機管理法大全』(共著、商事法務、2016年3月)、『競争法グローバルコンプライアンス』(レクシスネクシス・ジャパン、2015年10月9日)、『役員・従業員の不祥事対応の実務 ~社外対応・再発防止編~』(共著、レクシスネクシス・ジャパン2015年7月27日)、『実例解説 企業不祥事対応-これだけは知っておきたい法律実務(第2版)』(共著、経団連出版、2014年12月20日)、『役員・従業員の不祥事対応の実務 ~調査・責任追及編~』(共著、レクシスネクシス・ジャパン、2014年10月29日)、『インサイダー取引規制の実務[第2版]』(共著、商事法務、2014年8月10日)、『論点体系 金融商品取引法[1]・[2]』(共著、第一法規、2014年7月10日)、『会社を危機から守る25の鉄則』(共著、文藝春秋、2014年5月20日)

掲載記事

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ