[連載]まもなく「新興国市場」に格上げ!? 世界の投資マネーが流れ込むベトナム市場の全貌

ベトナムの市況が賑わっている。2011年以降、経常黒字の継続は既に8年目に入る好調ぶりだ。時価総額は1,860億米ドルに及び、MSCIは新興市場への格上げも検討している。堅調に伸び続けるベトナム経済を支えているものは何か? 本連載では、前後編の2回に渡り、ベトナムへの投資に詳しいドラゴン・キャピタル社のポートフォリオ・マネージャー、レ・イエン・クィン氏に最新事情と今後の予測を伺った。

本連載の著者紹介

DRAGON CAPITAL ポートフォリオ・マネージャー

2005年ホーチミン市経済大学にて財務・銀行学科学士を取得。アジア商業銀行入行後、ゴールド取引担当財務主任として同行のゴールド取引市場での独占的市場占有確立に貢献。2007年、DRAGON CAPITAL(ドラゴン・キャピタル)にアナリストとして入社し金融業界調査を担当。18か月後休職しメルボルン大学留学、2009年に商業財務修士号を取得。ドラゴン・キャピタル帰任後は、シニア・アナリストを経て、2012年からベトナム・グロース・ファンドの副ポートフォリオ・マネージャー、2013年には新規組成ベトナム・エクイティ・UCITS・ファンド(VEF)運用担当に従事。

著者紹介

Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ