「自分の体への投資」を惜しんではいけない理由

前回は、なぜお金持ちは「行きつけのお店」をつくるのかを取り上げました。今回は、「自分の体への投資」を惜しんではならない理由を見ていきます。

健康が損なわれると、自力で稼ぐことが難しくなる

本章のタイトルには「上手にお金を使えばお金は増える」というメッセージが掲げられています。これはいったいどのようなことか。あなたは意識をしたことはありますか。たとえば考え方の一つとして「自分の健康のために、投資をする」ということが挙げられます。

 

心身が健康であれば、努力さえすれば稼ぐことができます。けれども健康が損なわれると頑張ることさえできなくなり、自力で稼ぐことが難しくなってくるものです。したがって、「自分の健康のために、投資をする」という考え方は非常に理にかなっています。

 

具体的に言うと、体に取り込むものへの出費は、なるべく惜しまないことが重要です。たとえば、ジャンクフードやインスタント食品、レトルト食品、コンビニ食などを常食にしていては、肥満はもちろん、あらゆる病気を招きかねません。つまり価格だけで「食」を選んでいては、たとえ貯金に成功していても、体を壊す可能性が高まってしまうのです。

 

化粧品や洗剤の類も同様です。お肌に触れるものは良いものを選ばないと、皮膚を通して悪影響が体に及ぶことになります。

タバコを吸うお金持ちは少数派

同時に、体のメンテナンスに積極的にお金をかけていく姿勢も大切です。

 

成功者や一流と言われる人々は、自分の体のメンテナンスにお金をかけていることをご存じでしょうか。スポーツジムに行く人もいれば、整体やリフレクソロジーに通う人もいます。サプリメントを習慣化している人もいます。もちろん、いずれもお金が必要です。しかし、「費用対効果が高い」という認識があるから、成功者や一流とされる人々は積極的に自分の体に投資をするのです。「体の健康が何より大事」と強く意識をしているのでしょう。

 

実際、私の知り合いのお金持ちで、タバコを吸う人は少数派です。お酒についても、深酒を好むような人はほとんど見当たりません。若いうちからしっかりメンテナンスをしておけば、老後も安心です。

 

また健やかな心身でいれば、さまざまなことに全身で尽力ができるため、仕事やお付き合いの面でも良い結果を残せます。お金にモテて、貯金もスムーズにできるはずです。反対に、体のメンテナンスを怠り疲れがちだと、「ついタクシーに乗ってしまう」など、余計な出費が雪だるま式に増えていくことになるのです。

 

<ポイント>

体に取り込むものや体のメンテナンスには、積極的にお金をかける

株式会社セルフ・インプルーブ 代表取締役

京都府立大学卒業後、大手製薬メーカーの三共株式会社に入社。同社退職後、一部上場の三井化学株式会社へ。子会社の名古屋支店長を務める。サラリーマンだけの収入に将来的な不安を覚え、宅建など30以上の資格を取得。ハワイ、フィリピンに不動産を所有し、今後も海外不動産への投資を拡大していく予定。平成24年より、サラリーマンや個人事業主を対象に、『お金と仲良くなる講座(初級編・中級編)』を東京・名古屋で開催し、お金に関する学びの場を提供している。平成27年2月に、お金を学ぶ『人生の寺子屋®』に改名。東京・名古屋・熊本校にとどまらず、今後、全国に展開していく。

著者紹介

連載上手に使えばお金は増える!? お金にモテる「買い物のルール」

お金にモテる独身女子50のルール

お金にモテる独身女子50のルール

和田 勉

幻冬舎メディアコンサルティング

女性の社会進出が進む中、経済的に自立した生活を送りたいと願う女性が増えています。しかし、出産や子育てを伴う女性は昇給の機会も限られており、休職と復帰、離職と再就職を繰り返す女性も多く、思うように収入を増やせない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧